柊鰯はいつまで飾る?処分する方法は?知らなかった!!節分のマナー

柊鰯はいつまで飾る?処分する方法 節分のマナー
柊鰯イラスト

柊鰯とは、節分に魔除けとして使われ、

古くから日本にある風習の一つで

家の玄関などの門口につけて、

病魔など邪悪なものの侵入を防ぐものです。



柊鰯は、柊の小枝と焼いた鰯の頭とを挿したものですが

いつまで飾っておけばいいのか?

飾り終わった後は、処分をどうすればいいのか?

悩んでしまいます。


そこで、それらについて、お伝えします。


柊鰯の詳細についてはこちらに書いてあります。↓
柊鰯とは?驚きの由来が?なぜ柊と鰯?


Sponsored Links



■柊鰯はいつまで飾っておくのか?



柊鰯は、節分の日(2月3日)に飾り

2月いっぱい飾っておくのが

一般的のようですが


実は、地方や地域によって

柊鰯をいつからいつまで飾っているのか、

まちまちなんです。


柊鰯を飾る日は、節分ではなくて

正月行事が一段落した、

小正月(1月15日)の翌日から、

飾るところもあります。



そして、柊鰯をいつまで飾るのか?については


・節分の翌日である立春の2月4日になったら取り下げる

・2月いっぱい



というのが多いのですが

中には、鬼除けなので、

来年の節分まで飾っておく

というところもあるんですね。


全国的にこうしてみると、

柊鰯を飾って、それを取り下げる時期や日

本当にまちまちということがわかります。


そして、柊鰯の飾りを取り下げたら、

その後、どうすればいいのか?

普通のゴミとして捨てていいの?

などいろいろ悩んでしまいますが、

どうすればいいか、次を見ていきましょう!


Sponsored Links



■柊鰯は飾り終わった後は?処分する方法



お役目を終えた柊鰯は、


・半紙に包んで、塩で清めて捨てる

・神社へ持っていき、お焚き上げ



一般的に多いです。



柊鰯を塩で清めて、半紙に包んで捨てる方法

が一番簡単なのではないでしょうか。


半紙は、現在では、

以下のような、書道用半紙でいいです。


半紙(書道用)の詳しくはこちら↓



また、柊鰯を来年の節分まで飾っておく

というところでは、

来年のどんど焼きで焼き、処分します。


「どんど焼きとは何?」という人はこちらをご覧ください↓

どんど焼きとは何?その意外な由来とご利益を得る方法



■さいごに



柊鰯は、平安時代から約1000年以上も続く、

日本の風習の一つですが、

徐々に忘れ去られてしまってきて、

わからないという人が増えています。


柊鰯をいつまで飾っておくか?

処分はどうすればいいのか?

ということは、今言いましたようなことですが

実際にどうするかについては

地域や近所の人、あるいは親戚などに聞いてみたり

家族で相談して決めればいいと思います。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ