密葬とは?家族葬の違いとその意味?費用と香典の相場は?

密葬とは?家族葬の違いとその意味、費用と香典の相場
密葬
近年、急増している密葬


その密葬という言葉は良く聞きますが

様々な事情や喪主の要望、故人の遺言で、

とり行われたりします。


そこで、密葬とはどうゆうものか?


家族葬の違いや意味

費用と香典の相場の金額などお伝えします。


Sponsored Links


■密葬とは?家族葬との違いとその意味とは?



密葬(みっそう)とは、

本来、社葬など大きな葬儀をとり行う前に、

親族のみで、通夜と葬儀、火葬を行うまでの葬儀


密葬といいます。


その後、通常は、本葬や社葬ということになります。


しかし、最近では、

内輪で親族のみで行う葬儀を行う場合を

「密葬」と呼ぶようになりました


これは、言葉の意味合いが、少々ズレが出てきていて

あるお寺様はいうのですが

親族のみで行われる葬儀で、

後に何もしないことは「家族葬」といった方がいいといいます。



家族葬とはいっても、親族以外に親しい友人を招くこともあり、

その実態は、家族葬というより、

小規模葬になっていることが多いようです。



■密葬(家族葬)の費用は?



家族葬といっても、多様化してきていて

その規模はさまざまになります。


本当に、家族のみでとり行う10名程度の葬儀から、

親族も招いてとり行う20~30名程度の葬儀もあります。

 
また、故人と深いつながりや交友があった方も招く

50名前後の家族葬もあります。


まずは、家族葬でかかる費用の内訳ですが


・葬儀社への支払代金

・火葬費用

・お布施代

・飲食費用

・返礼品費用



になります。



それぞれの葬儀社、プランの選択にもよりますが、

家族葬の費用としての相場は、だいたい


40~100万円


といいます。



今はこうゆうのがあり、無料で資料請求できるので、

じっくり納得いくまで吟味できます↓





そして、

お布施代、お布施の袋、その書き方については、

やったことがないとわからないので困ってしまいます

葬儀社の人に聞きます

親切に教えてくれるので、安心してください。


また「お布施」として、葬儀社に一括

支払いになる場合が多いともいいます。


ちなみに、お布施の相場は、全国平均で40万円といいますが

地域により異なりますし

年々減ってはきているようなので

それぞれ聞いて確認した方がいいです。


参考までに、戒名とは、「位」や「格」のことで

位牌(いはい)に書いてもらう死後の名前です。


戒名に以下のように付けてもらう場合の

一般的な相場の金額です。


「~信士」「~信女」 30万円

「~居士」「~大姉」 50万円

「~院居士」「~院大姉」 70万円


俗名なら、20万円程度です。


位牌の詳しくはこちら↓



宗派や地域により、若干異なるようです。


Sponsored Links



■密葬(家族葬)の香典はいくらでいいの?



密葬(家族葬)の香典は、いくら包めばいいのか金額を悩みます。


香典袋の詳しくはこちら↓



香典は、亡くなった方とのかかわりによって変わりますので

間柄別に参考までに、以下のようになります


●両親の香典の相場の金額

10万円


●兄弟姉妹の香典の相場の金額

5万円

3万円という方も多いです。


●祖父母(おじいちゃん・おばあちゃん)の香典の相場の金額

1万円


●親戚(おじ・おば・その他の親類)の香典の相場の金額

1万円


●友人・知人の香典の相場の金額

5千円



以上を参考に、香典を包めばいいかと思いますが

気持ちですので、この金額の2~3割多めに包んでも良いと思います。




■さいごに



近年、核家族化などが進み、ますます家族葬でとり行う人が

増えてきています。


家族葬の場合、多くの場合、親族で招待されますので、

もしも、自分が家族葬を行うことになった場合は、

逆に、香典返しのときには、

上記の香典の金額をもとに

半返しにするといいでしょう。


いつ自分がそうなるかもしれません。


わたしの親や家族も健在ですが、

だれでも、かならずその時は来ます。


そのときに、慌てないために

今から知っておくことで

安心しますね(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ