布団の底冷え対策!驚きの4つの秘策

急に冷え込み、厳しい寒さで、

冷え込む夜が続いていますね。


そんな時は、布団の底冷えも疑って下さい。


もし、布団の底冷えが原因でしたら

掛布布団や毛布を上に掛け足しても

温まりません



また、布団が濡れていて、ビックリするかも…。


すのこを買ってひいたのですが

それでも、かなり湿っぽくなっています。


そんな布団の底冷え対策をお伝えします。

Sponsored Links


まず、フローリングや床の上に

直接、布団やマットを敷いて寝るのは、

絶対に止めた方が良い
です。


先ほど言いましたように

底冷えもそうですが、布団が濡れていて

湿っぽくなるので

黒いカビが生えて
、衛生状態が悪いですし

なにより、アレルギーの心配や

病気になる心配があります。


また、手軽なために、レジャーシート用

スポンジの上にアルミシートが貼り付けてあるもの

がありますが、あまり効果がありません。


布団の底冷えや布団が湿るのは

布団とフローリングとの温度差から

結露が生じるからです。


その問題、布団の底冷え対策は、以下の4つになります。


使い方、やり方を見ていきましょう。



・発砲スチロール


・断熱材(住宅用)


・断熱シート + ユニット畳


・断熱シート + クッションタイル



Sponsored Links



■発砲スチロール

あの白い発砲スチロールです。



ホームセンターなどに行けば普通に売っています。


サイズは、90×180くらいのものも売っています。


大きくて、かさばるようでしたら

発砲スチロールをお好みの大きさに、

2、3分割かに切るといいですよ。


そして、発砲スチロールは、安くてコスパも優れ

一番にオススメの方法です。




■断熱材(住宅用)


あと以外にいいのが、これです。


断熱材(住宅用)の詳しくはこちら↓



ホームセンターなどに行っても、普通に売っています。


発砲スチロールより、少し価格が高いですが

住宅に使われているので、断熱性は最強で、

しっかりしていて、扱いやすいです。




■断熱シート + ユニット畳

断熱シートを下、すなわち床側にして

その上に、このユニット畳を置きます。


見栄えはコレが一番いいかもしれません。


断熱シートの詳しくはこちら↓


ユニット畳の詳しくはこちら↓




■断熱シート + パズルマット

断熱シートを下、すなわち床側にして

その上に、パズルマットを置きます。


パズルマットは、

ホームセンターや100円ショップなどでも見かけますが

クッション性のあるパズル様のマットを組み合わせて、

お好みの大きさにできるものです。


よく託児所や児童館など、子供が遊ぶようなところにひいている

見たことがあると思います。


パズルマットの詳しくはこちら↓




以上の4つの布団の底冷え対策と湿気対策をお伝えしました。


これをやれば、かなり底冷えがなくなりますし

布団が湿って、黒いカビが生えるなんてこともありません。



あなたのお好みで、経費やコスパなどを考えて、

布団の底冷え対策を

この4つの方法から選んでやれば

快適になりますよ(^^


ぜひお試しくださいませ。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ