ムーチーの日とは?その奇妙な由来や伝説が今注目される理由

ムーチーの日とは?由来と伝説と理由
カーサムーチー
「ムーチー」って知ってますか?

今注目の「ムーチー」ですが

沖縄で食べられるお菓子の一種なのですが

御利益がある「ムーチー」とは何か?

「ムーチー」の奇妙な由来や伝説などお伝えします。

Sponsored Links


■『ムーチー』とは何?



ムーチーとは、漢字で「鬼餅」と書き、

「餅」の沖縄の方言です。


正しくは「鬼餅(ウニムーチー)」と呼ぶようです。


また、餅を葉で巻くことから「カーサ(葉)ムーチー」とも呼ばれます。


このムーチーは、沖縄では、旧暦の12月8日

「ムーチーの日」といって、仏壇、神棚などに供え、

家族の無病息災、健康長寿、厄払いをするために食べるのです。


子供は、年の数だけ部屋に吊すといいます。


旧暦の12月8日は、現在は、1月下旬から2月上旬になります。

2014~2024年の各年の「ムーチーの日」は、最後にまとめてあります。


この時期、沖縄は、一番寒くなる時期で

ムーチーは、毎年、冬の到来を告げる風物詩になっています。


そのムーチーは、

水を加えて練った餅粉を、平たく長方形の形にして、

月桃(げっとう、沖縄ではサンニンと呼ぶ)の葉に包んで蒸したものです。


沖縄のお餅は、杵などでつかないで、粉を手でこねこね練って

蒸して作るのが特徴ですね。


ムーチーには主に3種類あり、

白糖味の白餅黒糖味の黒糖餅紅芋味の紅芋餅があります。


3つの味が楽しめます。


そのですが

月桃の葉の香りが独特で、

ほのかな餅の甘みがからみ合い

素朴で、どこか味わいのなる、なつかしくなるような

モチモチとしたおいしいお餅 ムーチー です。


通販で購入できて今は便利です。いつでも食べれますね。


ムーチーの通販の詳しくはこちら↓




ムーチーを包む月桃(げっとう)の葉とは

ショウガ科ハナミョウガ属の多年草で、

こんな草です。


月桃(げっとう)の葉の詳しくはこちら↓


月桃は、沖縄では、普通に見られ

日本では、九州、屋久島、種子島など暖かいところで見られます。


このムーチーを包む月桃の葉は、

ポリフェノールがなんと赤ワインの34倍も含まれて

抗酸化作用もすごく注目されています。


また月桃の独特な香りは、防虫、防菌、防カビの効果があり

虫除け剤・カビ除けとして使用されてきました。


そんなことから、ムーチーが痛まないように

その葉で包んだのでしょう。


日本本土、沖縄流に言うと内地では、

「草もち」というの物があって、

『ハーブの女王』と呼ばれるよもぎの葉を使って

作るものとその効果や効能が似てますね。


ムーチーの種は、咳止め、整腸効果があり、

漢方薬として利用されました。


沖縄の風習文化には、欠かせないものなんですね。


ムーチーを手作りで作りたい!作り方は?

と思った方は、こんな便利なものがあります。








手軽に簡単にムーチーを作れますね。


話は少しそれましたが。、

ムーチーが食べられるようになった由来

「鬼餅」というようになった由来

その昔の伝説があります。


その奇妙な伝説とは?次に見ていきましょう(^^


Sponsored Links



■ムーチーの由来は伝説にあった!?



ムーチーの由来は、昔から伝わる沖縄の民話からきているといいます。


その民話の内容とは、こうです。


昔、首里金城にある兄妹がいましたが、

大里村に移り住んだ兄は、

夜な夜な人畜を襲うことから鬼になってしまいました。


村人たちからは大変恐れられました。


そこで、妹は、鬼になった兄を退治するために

崖の近くに呼び出しました。


そこで、その男の妹が

鉄釘入りの餅 ムーチー(鉄の塊とする場合もある)を兄に食べさせ、

油断させたところに、妹は、自分の陰部を見せ

女性の陰部は、鬼を食うための口だと言って、兄を脅しました。


食われはまずいと驚いた兄は、崖から落ちて退治したのです。



このように、鬼退治にムーチーが使われたことから

「鬼餅」と呼ばれることとなったのですね。


そして、その日が、旧暦の12月8日だったことから、

ムーチーを作って、無病息災、健康長寿、厄払いを祈願して

それを「鬼餅(ウニムーチー)」と呼ぶようになったというのです。


奇妙な伝説ですね(^^


そこから、鬼退治の餅ということなったというのですね。


鬼退治といえば桃太郎のきび団子をすぐにイメージしてしまいますが

沖縄では、鬼退治と言えば、このムーチーでしょうか?






■さいごに



沖縄の縁起物の餅「ムーチー」。


正しくは「鬼餅(ウニムーチー)」と呼ぶのですが

家族の無病息災、健康長寿、厄払いをするために食べます。


旧暦の12月8日は、沖縄では、「ムーチーの日」といいいますが

その「ムーチーの日」は、以下の日になります。


ムーチーを食べて、退治だ!!(^^


<ムーチーの日>

2014年-1月8日

2015年-1月27日

2016年-1月17日

2017年-1月5日

2018年-1月24日

2019年-1月13日

2020年-1月2日

2021年-1月20日

2022年-1月10日、12月30日

2023年-なし

2024年-1月18日



2022年は、「ムーチーの日」が2回あり、

2023年は「ムーチーの日」がない。


2022年に2回食べて、2023年は思いっきり、乗り越えましょう!

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ