生活道路で「ねずみ捕り」へとは何?|スピード違反の取り締まり場所がわかる情報も

生活道路でねずみ捕り スピード違反の取り締まり場所がわかる情報

「ねずみ捕り」といわれるスピード違反の取り締まり

大きく変わることになりそうです。


従来のスピード違反の取り締まり場所は、幹線道路が中心

いってみれば、取り締まりを「やりやすい場所」でやっていたといいます。


速度を自動測定する取り締まり機器を、

住宅街など狭い場所では設置できず、

それで、道の脇に設置スペースのある幹線道路がほとんどだったんですね。


「なんでこんなところで、ねずみ捕りをするの?」

なんて思ったことがあるかもしれませんが

それが、生活道路を重点的にやることになりそうなのである。


そこで、今一度、

「生活道路」とは何か?

「ねずみ捕り」とは何か?

そして、こっそりねずみ捕りをしている場所がわかる

マル秘情報も合わせてお伝えします(^^

Sponsored Links


■「生活道路」とは何か?


そして、

生活道路(せいかつどうろ)とは、その名の通り、生活に使う道路で

住宅街から主要な大きな道路に出るために使う道路のことをいいます。


一般的に、路地とか、農道私道と呼ばれる道路も、

生活道路になるといいいます。

生活道路

多くの生活道路は、幹線道路より、

歩行者や自転車と車が多く混在して利用している上に、

道幅が狭く、見通しが悪かったりするので

交通事故が多いといいます。


警察庁によりますと、

生活道路での事故の死傷者は、幹線道路の約2倍あるといわれていて

今回のスピード違反の取り締まりが変わるのは当然のことですね。


Sponsored Links



■「ねずみ捕り」とは何か?前もって取り締まり場所がわかる!?



一般的に「ねずみ捕り」は「スピード違反の取り締まり」をいいますが

正式名称は、「有人式一般速度取り締まり」といいます。


ねずみ獲り


通常、道路上に速度測定機器を置いて、警察官が測定をしていて

その測定ポイントで速度違反が判明すると、

その先の駐車誘導エリアにいる別の警察官に連絡が行き、

検挙する方法になります。


【捕まる決定的瞬間!】はこちらです。↓ 1:30位に…  こうなりたくなですね(^^; 



ねずみ捕りは、取り締まり対象速度は、制限速度から15km/hオーバー

からが一般的といいます。


そして、「ねずみ捕り」の取り締まり場所がわかる情報サイトがあります。

それは、全国ねずみ取りマップ です。


誰でも投稿できる交通違反取り締まり・ねずみ取り情報収集サイトで

全国の取り締まり場所情報・地図がわかるのです。これは素晴らしい情報です。


ドライバーは賢く利用して、交通安全に努めたいものですね(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ