こけしとは?衝撃!?呼び名の由来と意味と語源|今注目!!誕生の秘密

こけしとは?呼び名の由来と意味と語源、今注目の秘密と誕生秘話
こけし

古い民芸品といった感じの「こけし」ですが、実は、今、海外や若い女性の間で人気になっていて、フランスのパリでは、今、こけしブームですし、アメリカのニューヨークのある大型店では、商品を仕入れても、すぐに売り切れてしまうほど、こけしが大人気です。


そこで、そもそも、「こけし」とは何なのか知っていますか?


「こけし」の本来の使い道や目的、誕生の秘密、そして、「こけし」という呼び名になった由来や意味、語源について、驚きの事実をお伝えします。


Sponsored Links



「こけし」の目的は実は…いつからあるの?意味と由来



「こけし」とは、木製人形で、丸い頭円筒状の胴体からなっている特徴的な人形です。


そんな「こけし」ですが、現在では、古くからある日本の玩具であり、置物ということが広く一般的に知られています。


その「こけし」の始まりは、江戸時代後期ころなのですが、実は、「こけし」の誕生は、なんと温泉地のお土産物として最初は、誕生したといわれているんです。


「こけし」「お土産物」だったんです。




「こけし」で、最も古い物では、宮城県の蔵王連峰の東麓の遠刈田(とおがった)で作られ始めた物といわれており、その後、福島県の土湯(つちゆ)でも作り始めたとされています。


遠刈田の場所はここらへん↓





そして、東北地方の特に温泉地を中心「こけし」は広まっていきました



「こけし」を作る人は、その土地の木地職人が、器や盆などを作りながら、そのかたわらで作ったのですが、


実は、最初は、なんと温泉地に来る湯治客のために子供のための安価なおもちゃとして、お土産として作ったのが、はじまりだというのです。



「こけし」のはじまりは、「子供のためのお土産」だったんですね。



今でも、子供がおままごとなどで、人形遊びをしたりしますから、当時は、プラスチックやセルロイドなどの材料は手に入らなかったでしょうし、作ることができなかったでしょうから、簡単に手に入る木で、子供に喜んでもらえるような人形を作ったんでしょうね。

Sponsored Links



「こけし」の語源、呼び名はいろいろあった!?


そして、こけしの語源なのですが、いろいろと諸説があって、またいろいろな呼び方もあります。


「こけし」の名前は、全国各地で少しずつ呼び名が違っていて、さらに、語源もさまざまあります。



まず、木で作った人形という木偶(でく)からの語源で、


「きでこ」、「でころこ」、「でくのぼう」



赤ちゃんが這い這い(はいはい)していることを模しているので、這子(ほうこ)からの語源で、


「きぼこ」、「こげほうこ」



芥子人形からきた芥子(けし)からの語源で、


「こげす」、「けしにんぎょう」


などがありました。



本当にいろいろな呼び方、名前があったんですね。





そして、こうして、現在の「こけし」という呼び名が広く用いられるようになったのは、昭和15年で、1939年(昭和14年)に宮城県大崎市の鳴子温泉(なるこおんせん)で行われた「全国こけし大会」で、「こけし」の名前に統一しようということになり、「こけし」という名前が現在では、一般的に広く用いられるようになったんです。



現在では、毎年9月の第1土・日には、鳴子温泉で「全国こけし祭り」が行われ、滅多にない東北地方の各系統のこけし工が集まり、製作・実演・販売やこけし供養、こけし奉納、お神輿で町内一周やパレードなど、その日は、こけしづくしとなります。


また、今では日本全国に広まった全国のこけしが一堂に会する、またとない機会がこの全国こけし祭りになっています。


こけしの絵付けやいろいろな体験やイベントがある「全国こけし祭り」の詳しくはこちら(鳴子温泉旅館組合)



鳴子温泉の場所はこちら↓



まとめ


「こけし」の誕生、由来は、江戸時代後期で、そのはじまりは、宮城県の蔵王連峰の東麓の遠刈田(とおがった)で、その後、福島県の土湯でも作り始め、東北地方の温泉地を中心に「こけし」は広まっていきました。


その「こけし」のはじまりは、温泉地に来る湯治客のために、子供のための安価なおもちゃとして、お土産として作ったのが、はじまりということでした。


「こけし」の呼び名や由来、語源については、諸説あり、全国各地で語源や呼び名がいろいろとあったのですが、広く「こけし」と呼ばれるようになったのは、1939年(昭和14年)、宮城県大崎市の鳴子温泉(なるこおんせん)で行われた全国こけし大会で、呼び名を「こけし」に統一しようということでそうなりました。



現在では、こけしの発祥である子供のおもちゃとしては、今やセルロイド製の人形が主流で、おもちゃとして、子供が遊ぶ姿は見られなくなってきて、古い民芸品、置物といった感じが一般的ですが、
最近、趣味民芸品を集めるの人が増え、また、海外の人までもが「こけし」の魅力に取りつかれていて、話題やブームになっています。



しかし、その「こけし」は、古くからある伝統的なこけしではなく、今までとは、違った優しい顔やかわいい顔のこけしが増えたために、女性の心をくすぐる「こけし」になっています。


また、「こけし」は、手作りで作るものなので、一点ものであるということが、購入する人の心をくすぐるようです。


こんなこけしが海外の人へのお土産として人気です。
こけしの詳しくはこちら↓




伝統的なこけしの表情とはまた違い、かわいらしい感じですよね。



日本の昔からの伝統的なこけしは、今や進化を遂げていて、今日では世界的なおしゃれなインテリアの小物として、重宝されているようです。


温泉地の湯治客への子供のおもちゃ、お土産として作った「こけし」が、今やこのような存在になるとは思いませんでしたよね。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






4 Responses to “こけしとは?衝撃!?呼び名の由来と意味と語源|今注目!!誕生の秘密”

  1. つぐみ より:

    昔、飢饉でやむを得ず間引いた子の供養に作られたのがこけし、すなわち子を消す、こけしとなったと聞いた事がある。

    • makotti より:

      つぐみさん、コメントをわざわざありがとうございます。
      感謝です!


      それで、「子消し=こけし」についてですが、つぐみさんがいわれるように、一説としてはあるのですが、根拠はないようですよ。

      ただ単に、「子消し=こけし」と語呂合わせで当てはまってしまうことから、
      この一説が広まったとされ、後付け的なもののようです。

      実は「殺す=消す」という言葉の表現は、最近の表現方法で昭和40年頃からされ始め、昔は殺すことを消すという表現はしませんでした。

      「こけし」という名前は、記事の通り、昭和14年に統一されました。

      したがって、昭和14年~昭和40年まで、「子消し」(子を殺す)という表現は存在していなかったのです。

      「殺す=消す」という表現は、昭和40年以降になりますので、ありえない話ということになり、後付け的なものということになるわけです。


      あるテレビで「子消し=こけし」であるということを悲劇的なこととして紹介されたことがあり、それを見た人の感情にふれ、一般的に広まったとされているようです。

      したがって、「子消し=こけし」という一説としてはあるのですが、根拠はないです。

  2. 小倉百弌 より:

    木彫りで子供の姿を象るから木化子(こけし)とかではないかと勝手に推測していましたが、この記事で長年の謎が解けた気がします。
    そのような経緯で決められた名前だったのですね。

    • makotti より:

      小倉百弌様、コメント大変ありがとうございます!
      私も以前、小倉百弌様と同じようにいろいろと推測をしていましたので、それを調べてはっきりしてスッキリしました!
      小倉百弌様の謎が解けてとても嬉しいです。

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ