旗日とは?今さら聞けない日の丸の国旗をあげる本当の意味、理由

旗日 日の丸の国旗をあげる意味と理由
旗日 日の丸 国旗


私の子供のころ、祝日に

「日の丸の国旗」を玄関先にあげていましたが

今はあまり各家でそのようなことが

なくなってきました。


そして、その祝日は、

「旗日」といわれたりしますが

旗日とは何は?日の丸の国旗をあげる意味?

についてお伝えします。

Sponsored Links


■旗日とは?


旗日(はたび)とは、

各家で国民の祝日に、

国旗を掲げて、祝う日のことをいいます。


公共施設や商店街やバスやタクシーなどで

国旗を掲げているのを見かけます。


でも、なぜ祝日に国旗を掲げるのか?については

次を見ていきましょう。



■祝日に日の丸の国旗を掲げる意味、理由?

日の丸 国旗


まず、祝日というのは、

国民全員でお祝い

感謝をするための日のことをいいます。


だから、仕事も学校も休みになって

祝日という日をよく考えて

祝うのです。


そして、国旗というものは、

「国家国民の象徴」です。


これは、国際的な常識で、

どの国でも、国旗には敬意を示す

ことになっています。


祝日に国旗を掲げること

国民全員でお祝いする意思を示す

いわば儀式なのです。


意思表示なのです。


祝日以外のいろいろな行事でも

国旗の掲揚はありますよね。


卒業式やみんなが大好きな高校野球でも

国旗の掲揚が行われています。


国旗を揚げることは、

まさに意思表示なんです。


昔、戦争をしていた時代

その土地を自分たちの土地

という意味を知らしめるため

国旗を立てたのです。


また、競技などの国際試合では

多くの方が自分の国の国旗を持って

応援していますよね。


それも、自分の国の存在の意思表示なのです。

Sponsored Links



祝日に日の丸の国旗を掲げる意味、理由は

そうゆうことなのですが、

最近は、めっきりそうゆう風景を見る機会が

減ってしまいました。


そうゆう意味を考えると寂しいです。


国際的に見ると、

海外から来たどの国の人たちには

祝日に国旗をあげないことを

不思議に思われることが多いといいます。


祝いの日には、国旗を掲揚して

祝いの意思表示と感謝をします。


この世界的な一般常識、

国旗を揚げて、みんなで祝ってみましょうか。


日の丸国旗セット(旗、金具、ポール、金球)の詳しくはこちら↓




そして、祝日の中でも、「建国記念の日」がありますが

その祝日には隠された秘密があるのです。その秘密はこちら↓

「建国記念の日とは?驚きの由来と意味?建国記念日でない衝撃の秘密」

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






2 Responses to “旗日とは?今さら聞けない日の丸の国旗をあげる本当の意味、理由”

  1. 安らぎを得よ 藤房の明るさに(童舟先生より) より:

    戦後の日本でも、多くの家庭では日の丸を掲げていました。
    ところが、学校では教師が日教組に所属しているため 子供達は日章旗を軽視させられ、職場でも労働組合による政治活動の影響が大きくなり (社会党・共産党)による国旗(日の丸)・国家(君が代)に反旗を翻す活動が勢力をを増していったのです。 その結果、都市部では一般家庭での国旗掲揚が徐々に減っていきました。 今では祝祭日に一般家庭で日の丸を揚げると(軍国主義)だ、 と 無知から発するというか、間違った謂われのない根拠無きレッテルを貼られます。
    しかし、このままでいいのでしょうか?

    旗日(はたび)に国旗を掲げるのは世界中で当たり前のことで、街中が国旗だらけす。 海外旅行をすると、国旗を掲げない日本社会の方が異常なんだ ということに日本人は、やっと気づくわけです。
    祝祭日には 一般家庭も 街中の商店街でも 堂々と日の丸を揚げていくべきです。 日の丸を揚げないことの方が かえって恥ずかしいと思います。

    日の丸の旗をお持ちでないご家庭が多いと思いますが、国旗セットを購入して 日本人であることに誇りを持ち、祝祭日には 必ず玄関先に日の丸を揚げましょう。

    • makotti より:

      はじめまして、コメント大変ありがとうございます。嬉しいです。

      私の小さいころ、家では祝日には玄関先に国旗(日の丸)を揚げていました。祖父母と暮らしていたせいからだったからかもしれませんが。

      私たちは日本人です。リオオリンピックが熱気も冷めあらぬまま終わってしまいましたが、勝者は自分たちの国の国旗を掲げます。それは普通の流れです。

      したがって、旗日に日本の国旗を捧げることは普通のことではないかと思いますが、いかがでしょうか。

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ