「カツオノエボシ」とは何か?身近に分布する危険な生物の生息地に注意!

『カツオノエボシ』って名前聞いたことありますか?


『カツオノエボシ』は海にいる生き物で、変な外見で、気持ち悪いかもしれませんが、毒があって、私たちを刺すというので、すごく危険というのです。


海水浴やサーフィンをするときには、注意が必要ということなのですが。


そこで、

『カツオノエボシ』とは何か?『カツオノエボシ』に刺されたら、どうしたらいいか?応急処理は?治療は?薬は?

など

『カツオノエボシ』についてお伝えします。


Sponsored Links



■カツオノエボシとは何か?



カツオノエボシとは、漢字で、「鰹の烏帽子」と書きます。


世界中の暖かい海に分布、生息するクダクラゲ目カツオノエボシ科の無脊椎動物で、別名、”電気クラゲといわれ、クラゲの仲間で、とても強力な毒をもつ猛毒クラゲとして有名といいます。


刺胞と呼ぶ“毒針”を持っていて、獲物を捕らえるときに使うのですが、その刺胞に、人が触れると、毒針に刺されるわけです。


私たちが刺されるとすごおく痛くて、なんと死んだ人までいるといんですから、実に、怖い生き物です。


その生き物がこちら↓

新江ノ島水族館の映像で、カツオノエボシの生態の全貌が動画で見れます↓


でも、気持ち悪いものが苦手な人は見ない方がいいかも(^^;↓


獲物の魚の獲り方も映像があり、人も、そのようにやられるのかと背筋がゾクっとしました↓


では、カツオノエボシの動画です↓



青い浮き袋の下に、うじゃうじゃとヒモがぶら下がっているような外観をしています。


カツオが太平洋沿岸に来る時期に、その海流に乗ってきて、見た目の青い浮き袋烏帽子に似ていることから、カツオノエボシという名前になったそうです。


カツオノエボシの大きさは10cmくらいで、意外に小さいのです。


でも、カツオノエボシは、最大で2m程度、触手を伸ばすと、最大 50 メートルにもなることもあるそうです。


また、このように、カツオノエボシが、浜辺で見れたりすることもよくあり、大量に浜辺に打ち上げられていることもあるそうです。


カツオノエボシは、自力で泳げないので、海流や海風に乗ってくるというのです。


浜辺に青いビニール袋見たいなゴミに見えるものが、実は、良く見ると、カツオノエボシだったということも。


Sponsored Links



そんな奇妙な危険な海の猛毒クラゲ『カツオノエボシ』は、どこに分布していて、生息地はどこなのでしょうか?

■カツオノエボシの分布と生息地



先ほど、世界中の暖かい海に分布、生息するといいましたが、それでは、具体的にどこにいるのか?


とても気になります。


カツオが太平洋沿岸に来る時期に、同じようにして現れるということで


3月ごろ九州南部、

5月ごろ本州中部、

8~9月ごろ三陸北部、北海道南部



まで進み、その後、また南下するといいます。


この時期には注意したいものです。


カツオノエボシ

太平洋沿岸だけではなく、日本海沿岸でも沖縄本島や石垣島などでも分布しており、日本全国に分布していて、生息地ということになります。


日本海沿岸には、8月下旬~10月ごろ見られるといいます。


そこで、

『カツオノエボシ』の注意や『カツオノエボシ』に刺されたら、どうしたらいいか?応急処理は?治療は?薬は?

など、長くなりましたので、こちらをご覧くださいませ(^^↓

「カツオノエボシに刺されたら?その応急処置と治療、薬はどうしたらいいか?」

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ