2020年東京オリンピックに!その日程とチケット入場券、国立競技場について

2020年オリンピック・パラリンピックは

東京に決定しました!


やりました!!


日本中、歓喜の渦に包まれました。


その2020年。


いつ行われるかということですが、以下の日程で予定されてます。


オリンピックは、全17日間の日程予定で

開会式:2020年7月24日20時からオープニング

閉会式:2020年8月9日


パラリンピックの日程は、

開会:2020年8月25日

閉会:2020年9月6日


この日程は、正直暑さとの戦いになりそうです

選手もそうですが、見る観客もそうです。


この時期は、一年で一番気温の高い時期で

各国の選手たちは「日本の蒸し暑い夏」の洗礼を

受けることでしょう。


だから、選手たちだけでなく、

わたしたち観客の

熱中症対策も課題になります。


さて、

このように2020年オリンピック・パラリンピックが

東京で行われることが決まりましたが、


気になるのは、チケット入場券。


ぜひ手に入れて、観戦したいと思います。


チケット入場券については、詳しく次を見ていきましょう。


Sponsored Links



そのチケット入場券の料金は、


●開会式:2万5000~15万円

●競技全体の全体の平均価格:7700円


ただ、陸上や水泳などの人気競技の決勝などでは

最高3万円になる見込みだそうです。


そして、チケット入場券の約60%は、

誰でも見れるようにとの配慮から

4400円以下に設定するといいます。


これは、非常にありがたいですね。


その気になるチケット入場券が買える場所ですが、

全国4万店のコンビニエンスストアや

インターネットを通じて販売するとのこと。


そして、チケット入場券の販売開始時期ですが

東京オリンピックが行われる前の年の

2019年の年明けから始まる予定です。


ぜひ手に入れて見に行きたいものです。



気になるメイン会場は、「国立競技場」

東京都の新宿にあります。




最寄駅は、

JR総武線・各駅停車「千駄ヶ谷駅・信濃町駅」より徒歩5分

都営大江戸線「国立競技場駅(A2出口)」より徒歩2分

東京メトロ銀座線「外苑前駅(3番出口)」徒歩15分


Sponsored Links



現在、5万4000人収容できますが

8万人収容できる「オリンピックスタジアム」に建て替えられ、

2018年度に完成予定です。


現在の国立競技場に屋根が付けられ

開閉式で雨天でも対応できる競技場になります。


現在の国立競技場は、

1964年の東京オリンピックをはじめ、

さまざまな名勝負の舞台になってきました。


来年の2014年7月に取り壊される予定です。


名残惜しい気持ちがします。


そんなことで、

国立競技場を目に焼きつけておきたい!

という人には

見学できる「国立競技場スタジアムツアー」が定期的に開催されています。


その国立競技場スタジアムツアー料金は、

大人1000円、子供500円、未就学児童は無料です。

ツアーはホームページから申し込み可能です


行ってみましたが、

まず入口で入場パスを渡されます。


ツアーの流れは、

係の方の案内でまずスポーツ博物館の展示品の解説を受け、

それから競技場のスタンド、競技場内見学をさせてもらいます。


所要時間は1時間半。

観る人が見ればお宝ものばかりなのでは?と思うものばかり。


鈴木大地選手の金メダルに、

マラドーナとかベーブルースとかコマネチとか、

知ってる選手のサインとかあります。


天皇陛下やVIPしか入れない貴賓室、

スポーツ選手などの更衣室、

2010年のサッカーワールドカップの選手が

実際に使用したユニフォームも展示されています。


更衣室の前は取材スペースだったりなどなど

聖火台からの眺めも最高ですよ~


ぜひ行ってみたい方は今のうちに

国立競技場スタジアムツアーへどうぞ!

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ