亀の手とは?生息場所と旬の時期、意外な採り方の注意とは?

亀の手とは?生息場所と旬の時期、採り方の注意


亀の手は、人気漫画『おいしんぼ』日本テレビ系列のバラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』のDASH島で話題になりました。


そもそも亀の手とは何なのか?


そして、どうせならいっぱい採りたいですから、亀の手の生息場所や旬の時期、採り方の注意などお伝えします!

Sponsored Links


亀の手とは?生息場所は?



亀の手はその名の通り、亀の手そっくりの石灰質の殻をもつ岩礁海岸の固着動物です。


「亀の手」に雰囲気がそっくりで奇妙な形ですよね(^^


カメノテ 亀の手

そして、亀の手は、甲殻上綱顎脚フジツボ亜綱完胸目ミョウガガイ科で、あのフジツボに近い仲間なんですね。

よく見かけますよ!フジツボはこんなの↓


フジツボ

それで、亀の手の大きさは、普通、3~4センチ 程度ですが、中には7センチに達するものもあるそうです。(私はそのようなものは採ったことがないですが…ぜひ見つけたいものです(^^


亀の手の生息場所は、岩やテトラポットの隙間にびっしり並んで張り付いています。



海辺で亀の手を見つけるのは、比較的簡単です。


岩と岩の隙間くぼみに寄り添うように固着してます。


そして、亀の手は、日本各地で生息しています。


お近くの海で探してみてください。案外います。(灯台もと暗しだったりします。)


市場には、あまり出回っていないのですが、産地としては、千葉・静岡・愛知・和歌山・山口・長崎などがあげられます。


また、四国や九州あたりでは、一般的な食材として家庭で親しまれているそうですよ。

Sponsored Links



■亀の手の旬・時期は?




旬は夏なので、

流通は、5月~8月が多いです。


春から採れるんですよ。


ぜひ探してみてください!




■亀の手を採るには?採り方




亀の手を見つけるのは比較的簡単ですが、採る時手を切る心配がありますので、自分で採るという方は気をつけてください。


軍手をぜひしてください。


そして、足場が悪い場所がある場合は、長靴など滑りにくい靴を履くことをおすすめします。


必要な道具は、マイナスドライバー」のみ


亀の手は、岩場に固着してますので、亀の手の根元から切っていきます


こんな感じで↓動画をぜひ見て効率よく採ってください!!





実は、動画では、すんなり採れていませんが(^^; 亀の手は、群生しているので、少し採りますと、他の亀の手がガサッと採りやすくなり、根元からキレイに採ることができます。


そして、岩場の濡れたところですと、乾いたところよりも簡単に、亀の手を採ることができます。


ときには、ゴッソリ採れたりしますよ(^^


コツとしては、茎状の部分が食べられる部分なので、ここをなるべく残すように採ります。



※地域によっては、漁業権がある場所もありますので、注意してください。

亀の手を採って、生業にしている漁師さんがいます。

しっかり確認の上、亀の手採りを楽しんでください。





亀の手を採ったら、さあ食べる番ですが、亀の手の調理法・おいしい食べ方、驚異の味、隠された栄養の秘密、心配な貝毒・食中毒などこちらでお伝えします。


「簡単な亀の手の調理方法とおいしく食べる方法、驚異の味に秘められた秘密とは?」

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






2 Responses to “亀の手とは?生息場所と旬の時期、意外な採り方の注意とは?”

  1. さち より:

    島根県浜田か広島県に近い所で亀の手が取れる所を知っている方教えて下さい。

    • makotti より:

      さちさん、コメントありがとうございます!

      私は島根県浜田や広島県に近いところには住んではいませんが、調べたところによると岩場があれば「亀の手」は生息しているようですよ。

      ちなみに、広島県福山市内海町 田島の鳶が巣海岸では実際に生息いる「亀の手」を掲載しているブログがありました。
      そのブログはこちら↓
      http://imawosetuniikiru.at.webry.info/201105/article_20.html


      しかし、ここで注意が必要です!

      最近は規制が厳しくなって、記事にも書いていますが、地域によっては、漁業権がある場所もあります。知らずにとってしまって、御用…なんてことにも。

      これくらいの情報ですがいかがでしょうか(^^;

      「亀の手」採りは宝探しみたいで楽しいです。うちの子供は大喜びでした(^^ 「ここにもある! ここにも!!」なんて。
      最高の経験になるし思い出になりますしね。(最初は気味悪がって恐る恐る採ってましたけど)

      また何かありましたらどうぞよろしくお願いします!

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ