千歳飴(ちとせあめ)の起源と由来、そして元祖千歳飴とは!

七五三に欠かせない

千歳飴(ちとせあめ)



うちの子供は終わってしまいましたが

あの「千歳飴」の謎について調べました。


千歳飴の起源や由来は何なのか?

なぜ七五三に千歳飴なのか?

気になり調べてみました。

Sponsored Links


現在、「千歳飴」に込められた意味

「子供が健康で長生きしてほしい」

という意味なのです。


そのため、飴は、

縁起の良い紅白の細長い棒状で長寿を願い

それを入れた袋も縁起の良い鶴亀・松竹梅などが

描かれたものです。


「千歳飴」のその起源

江戸時代、今から約300年前、

「生類憐れみの令(しょうるいあわれみのれい)」で有名な

5代将軍・徳川綱吉の頃といいます。


そのころ、

江戸浅草寺の門前で七兵衛さんが飴を売り出したのが

始まり
といわれている。


当時

「千歳飴(せんざいあめ)」とか

「千年飴(せんねんあめ)」とかいっていました。


また、当時は、子供が短命で亡くなることも多かったので、

長寿を祈って細長い紅白の飴を1本ずつ、

合計2本の飴が袋に入っていました。


Sponsored Links



この「千歳飴」起源・由来は

1825年(文政8年)、

柳亭種彦(りゅうていたねひこ)が書いた

「還魂紙料(かんこんしりょう)」に記されているという。

(千葉大学名誉教授の松下幸子氏いわく)


「千歳飴」の起源・由来とされる江戸浅草寺の門前ですが

今現在、七五三の「千歳飴」の起源は、

「神田明神(かんだみょうじん)」「千歳飴発祥の地」というのだ。

東京都千代田区外神田2−16−2

大きな地図で見る


そして、

神田明神の参道前に「天野屋(あまのや)」というお店に

千歳飴が売っている。


千歳飴

また、その千歳飴はある意味でも有名で、

あのスマップの香取信吾さんが主演した

ドラマ「薔薇のない花屋」(共演:竹内結子さん)の

汐見英治(香取慎吾)が千歳飴を購入した店なのだ。


こんな話を聞くとぜひその千歳飴発祥の地の千歳飴を

天野屋」さんで手に入れたものだが、

ホームページがあるので気になる人はぜひチェックをしてみてください。


千歳飴が入ったあの長い袋には「元祖千歳飴」と書いてあります。


なお、その千歳飴は、ご祈祷された方に

七五三の時、11月だけではなくて

1年中のお土産の中には入っているそうですよ。


とにかく千歳飴は、

「親が子供に長生きしてもらいたい」

という健康長寿を親が愛しい子供に願ったものですね。


追記

千歳飴の長さ・太さには決まりがあり

直径14.5mm以内、長さ3尺(1m)以内なのです。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ