あべのハルカスの名前の謎の意味とは?|高さは実は3位?展望台は?

あべのハルカスの意味 高さと展望台
あべのハルカス

大阪にランドマークとなる「あべのハルカス」がオープンしましたが

その名前の意味は知っていますか?

何?という人が多いので、その意味と高さや展望台についてお伝えします。


Sponsored Links



「あべのハルカス」は、近畿日本鉄道株式会社が開発し

大阪市阿倍野区に建築された超高層複合ビルです。


大阪阿倍野橋駅の上に立っているんですね。


その「あべのハルカス」は、

高さ300m地上60階地下5階です。


現在、日本一高いビルになりました。


大阪も本当にやりました。スゴイ!


悲願のランドマークタワーで「あべのハルカス」の名前が

日本全国に一気に広まりました。


ちなみに、今まで日本一高いビルだったところって

どこか知っていましたか?


ここでした。

「ランドマークタワー」です。

横浜ランドマークタワー
横浜市みなとみらいに1993年7月開業した「ランドマークタワー」は、

高さ296mで 70階でした。


「あべのハルカス」は、この日本一高いビルの記録

なんと21年ぶりに更新したことになります。


経済では、空白の10年、20年なんてことをいっていますが

この「あべのハルカス」で、日本の再生や元気を出していけるような

シンボルになることをぜひ願うところです。



そして、日本の建築物としては、

東京スカイツリー(634m)東京タワー(333m)に次いで

3番目の高さになるんです。


ビルとしては、日本一の高さになるのですが、

日本の建築物として、3番目の高さになります。


Sponsored Links



その「あべのハルカス」の名前の意味なのですが

何?という人が多いので、その意味なのですが、


まず、「あべのハルカス」の「あべの」は、

その土地の住所、大阪市阿倍野区阿倍野筋(あべのくあべのすじ)という

地名からきています。


「ハルカス」はというと造語で

「心を晴れ晴れとさせる」を意味する

古語「晴るかす」からヒントを得て、名付けました。


「晴るかす」とは、平安時代、

「晴らす、晴れ晴れとさせる」という意味で使われていました。


また、「あべのハルカス」は、

最上層階の58~60階には

ガラス張りの空中回廊から360°に広がる大阪平野を一望できる

展望台「ハルカス300」を設けることから、

「はるか先を見渡せる」という意味も込めたといいます。


「あべのハルカス」に来たお客さんが、

超高層ビルにきたからこそ感じられる

清々しさや気持ちよさなどの爽快感

晴れ晴れとした心地よさを味わうことができる

という意味が込められいます。


この動画で「あべのハルカス」に込められた意味が存分に感じられると思います。
エレベーターで展望台まで行くまでが、とても幻想的なんですよ!



その名前の決定は、結構前で

2011年8月25日に、社内公募で「あべのハルカス」と決定しました。



「あべのハルカス」は、百貨店、ホテル、オフィス、美術館、展望台など

いろいろな施設がありますが

やはり展望台「ハルカス300」に行って、

高見の見物をぜひしてみたいですね。


展望台「ハルカス300」は、

58階、59階、60階の三層構造となっていて、

60階は、足元から天井までガラス張りで

空中を散歩しているような感覚が味わえるそうです。


天候がよければ、

京都から六甲山系、明石海峡大橋から淡路島、生駒山系、

そして、関西国際空港も一望できるそうですよ。


ぜひ行って体験したいです(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ