スノーロイヤルという至高のバニラアイスクリームの味の秘密と食べた感想

「スノーロイヤル」というバニラアイスクリームを知ってますか?


株式会社雪印パーラー(札幌市)が

1968年(昭和43年)、昭和天皇・皇后両陛下のために

特別に作られたバニラアイスクリームです。

宮内庁より最高のアイスクリームを…との依頼で

半年間の試作期間を費やし完成したかつてないのアイスクリーム。





雪印パーラーは

札幌に本店があるお店で

直営店が北海道に10店舗程あります。

Sponsored Links


この「スノーロイヤル」というバニラアイスクリームは

何が他のバニラアイスクリームと違うのか?



まずは、その栄養成分に着目!そこに秘密があるのです。


無脂乳固形分 8.5%

乳脂肪分 16.0%


一般的なアイスクリームの乳脂肪分は、8~10%だから、

スノーロイヤルの乳脂肪分16%はすごく濃厚なのがわかる。


そして、

高級アイスといわれるあの「ハーゲンダッツ」ですが、

そのバニラの栄養成分は、

無脂乳固形分 10.0%

乳脂肪分 15.0%


スノーロイヤルは、ハーゲンダッツを上回る乳脂肪分なのだ。


しかし、ただ、それが多いからいいとか、

美味しくなるとかいうと話は別になる。



乳脂肪分と無脂乳固形分のバランスも重要

アイスクリームの風味やミルク風味やコク、組織の滑らかさ

に大きな影響を与えます。


バニラアイスクリーム 雪印 スノーロイヤル

乳脂肪分が多いと、滑らかな食感になりますが、

多すぎると空気を含みにくくなり硬くなって

口あたりが悪くなってしまいます。


無脂乳固形分は、

タンパク質や乳糖、ミネラル

(カルシウム・リン・マグネシウムなどの無機質)などからなり。

風味にコクを与えて、滑らかにしますが、

多すぎると乳糖が結晶化してザラザラした食感にしてしまいます。


乳脂肪分と無脂乳固形分のバランスも、

スノーロイヤルの味の秘密があるんですね。



そのため、雪印パーラーでは、

作るのに半年間の試作期間を費やし

ようやく完成した極め付きのアイスクリームというのです。


Sponsored Links



そのため、

普段食べるバニラアイスとは、

異次元の独特の食感が楽しめるという訳なのです。


そして、

肝心のスノーロイヤルを食べた感想なのですが、

牛乳の濃厚な味わいがたっぷり

しかし、その濃厚さは、

しつこくなく、さわやか

意外とさっぱりした感じなのです。


甘さは、そんなに甘ったるくなく

男性でもペロリと食べられそうです。


北海道限定ですが、お取り寄せ可能です。↓


(わたしはアイスクリーム好きでよく食べるのですが

いくらでも食べれそうです(笑))


アイスクリーム好きは、

スノーロイヤルを食べると

たまらなく幸せな気分
にしてくれます。


心が満たされます。大満足です。


ただ、スノーロイヤルは、

少しお値段がはるので

自分へのご褒美や誕生日、記念日などにおすすめ
でしょうか。


ハーゲンダッツ1個 250円

スノーロイヤル1個 336円


でも、お財布に心配がない人は

毎日でも食べたいと思いますが(笑)


スノーロイヤルは、

乳脂肪分と無脂乳固形分の絶妙なバランス

風味や食感など、本当に苦心に苦心を重ねた

至高のバニラアイスクリーム
ではないでしょうか。


日本人でよかった!


Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ