一の酉(いちのとり)の意味とその起源と発祥の神社

一の酉(いちのとり)とは、

11月の最初の「酉の日(とりのいち)」のことをいいます。


では、

「酉の日」とは何?

ということですが、


十二支の子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の

酉のこと。


日付け法で、「酉」に当たる日のことなので

11月に限ることなく、12日おきに巡ってくることになります。


1ヶ月は30日あるので、

年によっては、

2回の年と3回の年があり、

11月の初酉を「一の酉」2番目を「二の酉」3番目を「三の酉」

と言います。


Sponsored Links



なぜ例年11月の酉の日を特別にしているのか?


起源は、

日本武尊(やまとたけるのみこと)が戦勝祈願をしたのが

11月の酉の日であったことからとされ、その後、

花又村(現在の東京都足立区)の大鷲神社(おおとりじんじゃ)の近隣の農民たちが、

鎮守である鷲大明神に秋の収穫を祝って、鶏を奉納した感謝祭が

始まりだといわれています。


そして、

11月の酉の日ににぎやかな市がたつことから

「酉の市」というようになり、

各地で行われる「酉の市」の発祥は、

大鷲神社(東京都足立区)といわれており、

花畑大鷲神社(はなはたおおとりじんじゃ)とも呼ばれています。


大鷲神社

江戸時代から続く祭事です。


「酉の市」の発祥の神社「大鷲神社」にぜひ一度は行ってみてはいかがですか。


訪れると感慨深いものがありますよ。


Sponsored Links



そして、周辺のお土産ですが

大鷲神社から2kmくらいのところに

「島田屋製菓」があります。


有名で地元では知らない人がいないお店で

大行列ができちゃったりします。


そこの「バームクーヘン」がめちゃやわらかくて

美味いのです。


これが人気の、

「宮内庁献上品(特大)バームクーヘン」




お土産にも大変喜ばれますよ。

美味かったです!


ちなみに島田屋製菓さんは通信販売もやってます。↓

宮内庁御献上品 長崎バウムクーヘンの人気ランキングも!



【大鷲神社】

住所:東京都足立区花畑7丁目15-1

電話番号:03-3883-2908 ‎



■アクセス■


●東武伊勢崎線「谷塚駅」より

東武バス(花畑桑袋団地行き)6個目のバス亭「草加記念体育館前」で下車し 徒歩5分


●つくばエクスプレス「六町駅」より

東武バス(花畑桑袋団地行き)13個目のバス亭「大鷲神社入口」で下車 徒歩0分


●車の場合は、

首都高 加平インターから10分

大鷲神社に駐車場があり

数台ですが駐車できます。


島田屋製菓】(公式HP)
つくばエクスプレス「六町駅」より徒歩3分

住所:東京都東京都足立区南花畑2-12-8
電話:03-3883-0632

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ