二十四節気の覚え方|語呂合わせで読み方も

二十四節気の覚え方 語呂合わせと読み方

>勉強
二十四節気(にじゅうしせっき)とは、

太陰太陽暦で、1年12ヶ月を24に分割し、

その区切りと区切られた期間につけられた名称で

古来中国から伝来した、季節の指標にしたものです。


二十四節気をなかなか覚えられないという人もいますので

覚え方や語呂合わせ、読み方もこっそり教えちゃいます(^^


それでは、早速、

二十四節気の覚え方をマスターしていきましょう!

Sponsored Links


まず、次の簡単な八節(二至二分と四立)三大小を覚えてます。


二至二分

・夏至
・冬至
・春分
・秋分



四立

・立春
・立夏
・立秋
・立冬



三大小

・小暑
・大暑
・小雪
・大雪
・小寒
・大寒



この八節はよく聞く言葉ですし、三大小は覚えやすいので

すぐに簡単に覚えられましたね。


これで、24のうち14も覚えられました。


残りは、あと10です。


次は、


雨水・啓蟄・清明・穀雨・小満・芒種・処暑・白露・寒露・霜降
(うすい)(けいちつ)(せいめい)(こくう)(しょうまん)
(ぼうしゅ)(しょしょ)(はくろ)(かんろ)(そうこう)


です。


覚え方は2パターンあって、

まず1つ目の覚え方は、

リズムにのって読むことです。


昔から、お経などお坊さんなどがよく使う

非常に効果的な覚え方といわれています。


ラップのような感じで読むことも効果的です。


やってみてください。


こんな感じに区切って言うと、覚えやすいですよ。


(うすい)(けいちつ)(せいめい)(こくう)

(しょうまん)(ぼうしゅ)(しょしょ)(はくろ)

(かんろ)(そうこう)



Sponsored Links



そして、もう1つの覚え方は、

語呂合わせです。


それは、こうです。


薄いけいちゃんは、清明にこく(ぅ)る。

消防署は、乾燥。


(うすいけいちゃんは、せいめいに、こく(ぅ)る。

しょうぼうしょは、かんそう。)




薄い(雨水 うすい)

けいち(啓蟄 けいちつ)

ゃんは、

清明(清明 せいめい)



こく(ぅ)(穀雨 こくう)

る。

(小満 しょうまん)
(芒種 ぼうしゅ)
(処暑 しょしょ)
(白露 はくろ)

(寒露 かんろ)
(霜降 そうこう)


無理やり的に語呂合わせしましたが

やってみると覚えやすかったりします。


二十四節気 覚え方を2パターン、

お経風、ラップ風と語呂合わせを紹介しましたが

あなたの覚えやすい覚え方でチャレンジしてみてください。


ちなみに、わたしは、

語呂合わせの方が覚えやすかったですね(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ