衝撃!!車のエンジンオイルの本当の交換時期と目安!!間違っているオイルエレメントも!?

自動車をもっていると必ずメンテナンスが必要で、

とりわけエンジンオイルの交換は必須です。


カー用品店や雑誌などでは、5000km、または、半年に

エンジンオイルを交換するように言っています。


そして、エンジンを適切に保つために、

3000kmでエンジンオイル交換を強くすすめてくる所もあります。


しかし、エンジンオイルやオイルエレメントを頻繁に交換すると、

工賃など合わせると、意外にお金がかかったりします。


ガソリンスタンドなどで交換すると高いものですよね。


しかし、驚いたのですが、実際のところ、

それは専門家は間違っているというので、

お金を無駄にしない、環境にやさしい

車のエンジンオイルの本当の交換時期と目安、

オイルエレメントの交換時期もあわせてお伝えします。


Sponsored Links



車のエンジンオイルの本当の交換時期と目安




今までわたしも自動車屋さんに言われるがままに、

エンジンオイルは5000kmに一回交換していました。


何の疑いもしませんでした。



しかし!!



自動車の取扱い説明書を見ますと、違います


エンジンオイルの交換時期が書いてあるではありませんか!



それによりますと、一般的には通常の使用で、


「1万5000km または 1年毎」


と書いてあります。



ただし、クルマの種類や使用状況によって異なるとのことですが。


(見たことがないあなたも、自動車の取扱い説明書を見て確認してみてください)



だまされていたのか、嘘を教えられていたのかわかりませんが、

本当かどうか調べることにしました。



そこで、あるエンジンオイルの専門家の言うことによりますと


エンジンオイルの交換時期・目安は、20000km毎で大丈夫

1年毎でなくてもよい

エンジンオイルとオイルエレメントはいっしょに同時に交換する




このことを知り、衝撃を受け、驚きましたが、

その理由を知り、納得しました。

Sponsored Links


車のエンジンオイルの交換の真実とは!?

17eaa7d85e06ef7956d5d0be3551c09d_s

エンジンオイルを作っていたある専門家は、

このように理由を言っています。


・カー用品店や雑誌などでは、5000km、または、半年の

エンジンオイルの交換を推奨していますが、

これは、製造メーカーや販売店などの都合のための

交換時期・目安
である。


実際に、自動車の取扱い説明書に書かれている

1万5000kmでのエンジンオイルの交換で全く問題ないし、

実際、ヨーロッパ諸国の自動車のエンジンオイルの交換時期は

20000km毎の交換である。


実際、日本の自動車のエンジンオイルの交換時期は

今現在より短かったために、

ヨーロッパ諸国の自動車関係者から、エンジンオイルの交換時期を

もっと延ばしてほしいという要請があり、現在に至っているとのこと。


そして、エンジンオイルの交換時期・目安は、

1年毎でなくてもよいのは、

エンジンという密閉された空間の中に存在しているので、

経年変化によって、エンジンオイルがダメになることは

考えにくい
といいます。


そして、エンジンオイルの汚れは、一般的に広く、

色で判断したりしていますが、

実際は、オイルの劣化とは別の問題で、

燃焼中に発生したカーボンや含まれる添加剤の色などで黒くなるもので、

オイルの劣化については、目視では判別できません


そして、エンジンのオイルエレメントは、

カー用品店や雑誌などでは、

エンジンオイル2回に1回の交換、

すなわち、10000km毎の交換といっていますが、

20000km毎の交換でよいといいます。


その理由は、オイルエレメントの中は、

鉄粉やゴミなどの異物を取り除くための

フィルターが入っています


そのフィルターは、最初のうちはきれいなので、

そのフィルターの目が粗い状態ですが、

鉄粉やゴミなどの異物が付着することにより、

適度なろ過をしてくれるというのです。


だから、走行距離が10000kmぐらいでは、

フィルターとしての機能が、丁度程よくなってきた時期で、

この時期にオイルエレメントを交換するのはもったいないといいます。


走行距離 20000km まで、オイルエレメントは問題ないといいます。


だから、オイルエレメントは、エンジンオイルといっしょに同時に

交換することがよい
のです。



実際に、

自分の自動車のエンジンオイルとオイルフィルターの交換は、

20000km毎に交換しているといいます。



さいごに



一般的に、エンジンオイルは、

5000km、または、半年に

交換するように言っています。


そして、エンジンを適切に保つためには、

3000kmでエンジンオイル交換を強くすすめてくる所もあります。


しかし、実際のところ、専門家が言うには、


エンジンオイルの交換時期・目安は、20000km毎で大丈夫

1年毎でなくてもよい

エンジンオイルとオイルエレメントはいっしょに同時に交換する



ということでした。


日本では、いろいろな業界の事情などがあるようですが、

実際、ヨーロッパ諸国の自動車のエンジンオイル・オイルエレメントの交換時期は

いっしょに同時にで、20000km毎の交換です。


このことを知ってから、わたしは、

エンジンオイル・オイルエレメントの交換は、

従来の時期での交換をやめました。


(自動車屋さんは困っているかもしれませんが(^^;)


実は、20000km毎としようとしたのですが、

15000km毎にしています。


これは、自動車の取扱い説明書に

1万5000km と書かれていたのでそうしました。


でも、このまま問題がなければ、

20000km毎にしようと考えています。


エンジンオイル・オイルエレメントの交換時期が延びれば、

減れば、お財布にもやさしいですし、

なにより環境にもやさしいことになります。


無駄な交換をしなくてもよくなるわけですから。


だたし、ここに書かれていることは、

一応自己責任のもとで行ってください。


自動車が壊れないという保証はありません。


あくまでもエンジンオイルのある専門家の意見までですので、

あなたの判断で行ってくださいね(^^


ちなみに節約のため、自分でオイル交換をし始めました。


これを使うと、面倒なオイル交換が、

超簡単にできてしまいます。ビックリしました。


自分で面倒なオイル交換ができるなんて思ってもいませんでしたし、

自信になりましたし、知らない友達に自慢できました(^^


面倒なドレンプラグを抜かずに、

エンジンのオイルのレベルゲージからチューブをいれて、

シュポシュポすればいいだけで、簡単にエンジンオイルが抜けちゃいました。


下に、動画でオイル交換のやり方もありますので見てみてください。




手動オイルチェンジャーでのエンジンオイルの交換の詳しいやり方はこちら↓


オイルエレメントの交換方法はこちらを参考にご覧ください。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






29 Responses to “衝撃!!車のエンジンオイルの本当の交換時期と目安!!間違っているオイルエレメントも!?”

  1. イニュイト より:

    参考までに
    エンジンという密閉された空間と書かれていますが、
    クランク室内の内圧を抜くためにブローバイと言うものが存在し
    密閉はされてません。
    またNAは交換周期が長いですが
    ターボ車は最低でも5000kmで交換をおすすめします。
    タービンの軸受けにエンジンオイルを巡回しているため
    汚いオイルだと軸に負担がかかり焼き付き等の症状を起こします。

    確かにオイル交換を2万kmで交換しても
    そうそうにNAなら壊れることはないでしょう。
    でもそれは短期的に見て壊れるか壊れないかの話で。
    交換が長くなればオイルの質も変化し、
    スラッジ等の不純物によってエンジン室内も黒くなります。
    新品の時とくらべると本来の性能がでないのです。
    ちゃんと交換してたまには高速で走っている車と
    ちゃんと交換してないし、低速でずっと走っている車。
    同一車でも乗ったら体感できるほどパワーが違います。

    またエンジン内が汚れているかはオイルキャップを外せばすぐわかります。
    ちゃんと交換している人は新品の時と変わらず
    エンジンの内部がアルミ等の光沢のままです。
    交換をせず汚れている場合は。ちゃいろくなっていたり、ひどい場合は黒くなって
    こびりついています。
    そうならないために車屋さんは短い時期でのオイル交換を推奨しているのかと

    • makotti より:

      イニュイトさん、こんにちは!
      記事を読んでいただきまして大変ありがとうございます。
      そして、貴重なコメントもいただきまして幸いです。

      イニュイトさんのコメントを興味深く読ませていただきました。
      車が好きでよくご存じのようですね。

      確かにイニュイトさんの言われることも一理あるかとは思います。
      エンジンオイルの交換を早めたほうが、エンジンの内部がきれいであることなど。
      よく言われていることと存じます。

      私はエンジンオイルの開発の専門家の意見を参考にしました。
      その話であれば信頼できるという観点から判断してそのようにお伝えしました。

      私は実際に自分の車のエンジンオイル・フィルターの交換はそのようにしており、
      現在も何もトラブルなどもなく乗っております。
      ちなみに、エンジンオイルの開発の専門家の方は20000万キロで交換しているそうです。

      記事でもお伝えしましたが、あくまでも一応自己責任のもとで行ってください。
      自動車が壊れないという保証はありません。

      どうしていいかわからない、心配だという人は「自動車の取扱説明書」に書かれている交換目安で交換することをおすすめします。
      「壊れるかもしれない…」と心配して車に乗っていても、生理的によくありませんから早めに交換したほうがよいです。

      それにしても「自動車の取扱説明書」にエンジンオイルやフィルターの交換目安が書かれていることも知らない人もいると思いますので、大切な愛車のためにもこれを機会にぜひ見てみることをオススメします。

      イニュイトさんのコメントありがとうございます。

  2. k より:

    昔、F1レーサーがほとんどオイル交換などしないで、自家用車を使用しているという記事を読んだ事があります。今の交換時期はオイルメーカーが利益を出すために短めに設定をしているのでは、実際にアフリカ等開発途上国では5千KMで交換などしてなくても何十万KMも走っている日本製の中古車はいくらでもある。オイルメーカーの策略に騙されるな。

  3. 茂野修平 より:

    15,000キロ、20,000キロごとのオイル交換ですが、ロングライフエンジンオイルを前提にすべきだと思います。
     
    やはり普通のオイルは6,000キロ~8,000キロを目安に交換した方がいいと思います。

    ヨーロッパのオイル交換サイクルが長いのは、ロングライフエンジンオイルを前提にしているからです。

    私は普段6,000キロを目安に交換していますが、10,000キロ以上で交換するときは、ロングライフエンジンオイルを使用しています。

    例、ケンドルGT-1、アムズオイル、レッドライン、ロイヤルパープルなど。

    • makotti より:

      茂野さん、はじめまして!
      コメント大変ありがとうございます。

      ロングライフエンジンオイルというのがあるのですね。はじめて知り、少し調べてみました。その名の通り、長持ちするエンジンオイルということですね。

      エンジンオイルの交換時期は個人の自由です。

      しかし、自動車の取扱説明書には、きちん目安が書かれていますので、それをまずはぜひ参考にされてください。ちなみに私の車のエンジンオイルの交換目安は「1万5000km」でした。

      だから、私はそのとおりエンジンオイルを交換してます!
      ちなみに私の車は、現在70,000km以上走行してますが、異常も故障もなく、ピンピンしておりますよ(^^

      記事にも書かさせていただきましたが、エンジンオイルのある専門家の話を参考にしたものです。ここに書かれていることは、一応自己責任のもとで行ってくださいね。自動車が壊れないという保証はありませんということだけは書かせていただきます。

  4. にわとり より:

    もともと、5000km、半年交換というのは、オイルの品質が悪かった時代、夏と冬でオイルの種類を変えなければ、始動性が悪い、摩耗するといったトラブルが起きていたころの名残です。
    現代では、そこまで早く変える必要はありません。

    また、ヨーロッパの交換周期は長く、日本は短いといった内容ですが、実はディーラーの使用しているオイルは全く同じです。
    しかし、国によって、湿気が高く結露しやすい、燃料の品質が違うなどの差により、交換周期の指定が変わります。

    日本は四季がありますので、短くなっています。
    指定の交換周期をお勧めします。
    指定の交換周期であれば、ロングライフでなくても大丈夫ですよ。

    • makotti より:

      にわとりさん、はじめまして!
      そうですね。にわとりさんが言われるように5000km、半年交換は昔あったかと思います。しかし現在は品質もよくなったと聞きます。
      コメント大変ありがとうございます。嬉しいです。

  5. 通行人 より:

    整備士ですがこんなオイル交換してて故障し高額修理なんども見てます
    車8万キロ以内で買い換えな
    らいいかもしれませんが、アホな記事書くなよって感じです

    • makotti より:

      通行人さん、貴重なコメント大変ありがとうございます。

      整備士をやっている通行人さんが見てきた高額修理になった故障車のオイル交換頻度の詳細を教えていただけると幸いです。

      そうすればスゴク参考になります。

      ちなみに
      >こんなオイル交換してて故障し高額修理なんども見てます
      ということは、
      2万キロでエンジンオイルを交換して故障して高額修理になっているということでしょうか。

      私が書いたこの記事はエンジンオイルを製造しているあるエンジニアの話を参考にしました。エンジンオイルを熟知している人です。

      実際にその人の車は、その通り交換していて問題はないそうです。

      私の車は、現在記事の通り自動車の取扱説明書のとおり、15000km毎にエンジンオイルとオイルフィルターを交換しています。

      現在、総走行距離は約70000kmです。

      ほぼ毎日乗っていて5~10km走っています。問題や異常は今のところありません。

      ちなみに社有車のD社製のハイ○ェットという車ですが、毎日200~300km走っているのですが、10000km毎のエンジンオイルとオイルフィルターを交換で問題なく元気に毎日走っています。

      エンジンオイルの交換について、いろいろなことがあり、賛否両論あることだとは思います。

      まずはあなたの愛車の説明書をよく読んでください。

      そして、あなたの愛車のエンジンオイルとオイルフィルターの交換時期を確認してしてください。

      その上で、その記事のことを参考にしてみてください。

      記事にも書きましたが、ここに書かれていることは、一応自己責任のもとで行ってください。

      自動車が壊れないという保証はありません。

      あくまでもエンジンオイルのある専門家の意見までですので、あなたの判断で行ってくださいね(^^

      通行人さん、コメント大変ありがとうございました。

  6. 社畜の鏡 より:

    我が社は関連会社を合わせ1000台以上の車を運用してます。年間4万キロ走る営業車もあれば、3000キロも走らない幹部送迎用の車まで、車種は軽自動車からハイブリッド、6tトラックなどもあります。整備は全て関連会社で行っており、コスト面から指定オイルを指定距離で交換してますが、私が知る限り、この10年間でオイル管理が原因で故障した車はありません。某メーカーの某商用バンなどはこれで40万キロ位は難無く持ちます。しかし社内でも年齢が上な方は、このデータを見てもマイカーはやはり短いサイクルでかえているようです。一つの思い込み、習性ですかね。なお、大体最初に大きな故障が起きるのはエアコンか雨漏り関係です。運用上車種ごとの燃費や故障、またタイヤの摩耗などのデータ録ってますがしがらみ上公表できないのが残念です。

    • makotti より:

      社畜の鏡さん、こんにちは!はじめまして!
      コメント大変ありがとうございます。嬉しいです。

      1000台以上の車を所有しているとは、スゴイ大企業ですね。
      コレを管理しているとなれば、それなりの膨大な貴重なデータがあるわけですね。それを知りたいところですが…残念です。

      それにしても、40万キロ位を難なく走る某メーカーの某商用バン、気になります。T社でしょうか、N社でしょうか。ぜひ知りたいものですね。

      そして、大体最初に大きな故障が起きるのは「エアコン」か「雨漏り関係」ですか。そういえば、私の前に乗っていた車もエアコンのファンが故障し、また私の知り合いの車もエアコンのガス漏れがひどくて、10年乗った車を手放し、買い替えましたね。

      雨漏りとは、ドア等のゴムパッキンの劣化による雨漏りでしょうかね?

      それにしても、社畜の鏡さん、コメントありがとうございました。またどうぞよろしくお願いします。

  7. bu より:

    昔はオイル交換の時期は一年あるいは一万キロでというのが標準だった。
    20年くらい前から急に雑誌やカー用品店が5000キロか3000キロでと言い出した。メーカーはそんな事言ってないのにね。
    まだネットもさほど普及してなかったからゴリ押し出来たんだろうな。

    • makotti より:

      buさん、記事を読んでいただき大変ありがとうございます。

      そして、コメントもありがとうございます。大変嬉しいです!

      20年くらい前から急に5000キロとか3000キロのエンジンオイルの交換をと雑誌やカー用品店が言い出したというのですか。

      私はそのような経緯を詳しく知らなかったのでわかりませんでしたがそうなんですね。でも、まあ、いろいろな絡みがあるといわれていますから…それもわかるかも。

      そして、自動車メーカーは車の説明書に書かれている推奨どおりの交換をオススメしています。まず、ほとんどの車は3000キロ交換はないでしょう。

      それこそエンジンオイルがモッタイナイです!まだ使えるのに。この今の世の中、エコとは逆行しています。

      今一度、自分の愛車の説明書を見て、エンジンオイルの交換時期をぜひ確認してみてください。そのうえで、この記事に書かれたことを参考にしてみてくださいね。

      • 元整備士、現講師 より:

        オイル開発専門家とありますが、その人の車両を見られたのでしょうか?
        車種それぞれの使用環境はおろか、排気量、そのエンジンについているデバイス(特に油圧作動を行うものや、過給機)の差異があるため
        「まさに自己責任」という言葉でごまかして聞こえます。そこでそういう感触を覚えた部分として、読んでいて多少口足らずな部分を感じたからかなと。

        ・・・2万キロ交換を行うような車両は、上にもあったロングライフ(全合成油=ロウ分が皆無)でかつ、油量をしっかり点検できるひとでないとリスクが発生します。2万キロ交換を謳っている車両は「オイル交換」ではなく「(2万キロ以内は)オイル補充」という考えにシフトしているメーカーです。実際ドレンプラグがない車両もあります。で2万キロ来たら上抜きで換えます(リセットする。)
         また、乗用車はおっしゃられているような流れですが、日本特有の軽自動車は全くの逆で、メーカー推奨距離が(エンジンにかかる負荷が乗用車比で大きい)ので短くなる傾向です。軽T/Cの車両で2500Km(シビア)ですよ。
        このサイトを鵜吞みにしてはいけないよという部分、もっと強調しときましょう。
        実際、点検できない人で交換を怠ると、オイルの性能劣化ではなく油量不足で焼き付きや、ターボ故障が圧倒的に多いです。(元整備士)

        • makotti より:

          元整備士、現講師 さん、記事を読んでいただきまして大変ありがとうございます!

          また、コメントまで投稿いただき嬉しいです。

          まず、元整備士、現講師 さんがおっしゃるように、

          >「まさに自己責任」という言葉でごまかして聞こえます。そこでそういう感触を覚えた部分として、読んでいて多少口足らずな部分を感じたからかなと。

          指摘のように、口足らずな面があったかもしれません。特に、車のことをよくご存じの元整備士、現講師 さんであればなおさらだと思います。

          さまざまな車の使い方がありますし、おっしゃるように様々な種類、タイプの車があります。

          長くエンジンオイルを交換しないのであれば、定期的にエンジンオイルの量をチェックして、油量不足にならないように注意する必要はあります。

          >点検できない人で交換を怠ると、オイルの性能劣化ではなく油量不足で焼き付きや、ターボ故障が圧倒的に多いです。(元整備士)

          というのはよくわかります。

          タイヤの空気圧を1ヵ月に1回チェックするように、定期的にボンネットをあけて、エンジンオイルの量をチェックする。

          そうすることで、エンジンオイルの油量不足による焼き付きやターボ車のターボ故障を防ぐことができますからね。

          実は、私のおじさんが車の修理工場をやっているので話を聞きます(^^


          それにしても、エンジンオイルの交換を2万キロと謳っている車両で、ドレンプラグがない車両があるんですね。

          どんな車両なんでしょうかね?興味があります。

          ドレンプラグがないから、エンジンオイルを上抜きで換えるというわけですね。

          ちなみに、記事に書いたように、私はエンジンオイルを上抜きするポンプを購入して、自分でオイル交換、エレメント交換しましたが、そんな感じでしょうか(^^


          >また、乗用車はおっしゃられているような流れですが、日本特有の軽自動車は全くの逆で、メーカー推奨距離が(エンジンにかかる負荷が乗用車比で大きい)ので短くなる傾向です。軽T/Cの車両で2500Km(シビア)ですよ。

          ということですが、おしゃるように、乗用車と軽自動車を比べるとエンジンにかかる負荷が乗用車比で大きいですよね。

          軽自動車は660ccと排気量が少ないため、パワー不足のため、エンジンの回転数で稼ぐわけですよね。


          ちなみに、ダイハツではエンジンオイルの交換時期を以下のように推奨しています。

          「10,000km(ターボ車は5,000km)、または6ヵ月に1回交換しましょう。シビアコンディションの場合は5,000km(ターボ車は2,500km)ごとが交換の目安となります。」と謳っています。


          また、 トヨタではエンジンオイルの交換時期を以下のように推奨しています。

          「ガソリン車(ターボ車除く)…15,000km または 1年(7,500km または 6ヵ月)
           ガソリンターボ車…5,000km または 6ヵ月(2,500km または 3ヵ月)
           ディーゼル車…5,000km~20,000km または 半年~1年ごと(2,500km~10,000km または 3ヵ月~1年ごと)
            ※( )内はシビアコンディション(悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等)の場合。」

          それで、元整備士、現講師 さん、

          >「軽T/Cの車両で2500Km(シビア)ですよ。」

          とはどういう意味でしょうか?よくわからなったので教えてください。

          まず、「軽T/C」とは何ですか?「2500Km(シビア)」とは、シビアコンディションでエンジンオイルを2500kmで交換するということでしょうか?

          そこの箇所がよくわからなかったので、さらに教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

          ちなみに、私の家の車は、日産の1500ccの普通エンジン車です。(ターボ車ではありません)

  8. 元整備士、現講師 より:

     T/C=ターボチャージャのことです。(予備知識のある方かと思い)略称を使いました。(シビア)=シビアコンディションです。
     あと、職業柄、レースエンジン製作者様、オイルメーカー開発様、自動車メーカー担当者、ディーラーメカ(現場&アドバイザ)と話すのですが
     オイルに関する故障の要点とすると
    ①鉱物油を使ってる
     ロウ分が多いので熱を受けると内部で黒いススが出ます。(ろうそくと同じ)早いペースで交換できてれば問題は少ないが長期間換えない=VVTやVTEC等の油圧デバイスの油路に悪影響が出やすい。
     油圧で作動するので油路が詰まり気味でも圧力は伝わって作動します
    (流量は減って、ゆっくり圧が掛かるようになってますが)
    ・・・が、ある時突然詰まるのです。そこから先は言わずもがな・・・
    ②チョイ乗り(暖機前に降りる)が相当エンジンに過酷ということを理解していない=シビアコンディションです。
     燃料が燃えると水分が出ます。(完全燃焼=高効率であればあるほど出ます)しっかり暖まれば、蒸発して飛ばせるのですが、そうでないとシリンダヘッド内でマヨネーズみたいになってしまいます。
    また先述の鉱物油でしたら、ロウ分が固まりますので悪影響の元です
    ③そもそも「自動車」に興味がない
     ただのガジェットでしかないという認識の人には、逆に「ここで換えないと次回まで2年超無交換」という事態になるので、そういった「管理は任せるよ、よくわかんないから」といった人たちには、早いサイクルの交換が合致しているんです。管理人さんのように興味持たれて、車の前に「愛」を付けられる人なら全く問題ないんですけど・・・
    i-phoneのCPUになんて興味ないですよね。きれいに動けばいいというのと同じです。
     なので、そういった方が読んで勘違いを起こさないような記事づくりをしてもらいたいなぁという・・・アジャストローな感じでお願いします。

  9. 整備士 より:

    こう言う記事が有ると勘違いされる方が居られると思うので補足すると、
    メーカーの指定交換距離までノーメンテでは無くしっかり点検をし、減っていたら補充をした上での交換距離です。
    ちなみに最近の大型トラックで長距離便の場合は8万キロ交換または燃料希釈で一定以上オイル量が増えたら交換です。
    大型トラックのエンジンオイル量は30リットル位ですが、正常な車両で、まともな使用方法の場合8万キロ走行の間に5〜10リットル位補充します。
    1回の走行距離が10キロ以下が多い車両、エンジン又は排ガス浄化装置の癖でエンジンオイルの燃料希釈多い車両、長時間アイドリングをする事が多い車両(エンジンを掛けたまま睡眠など)、渋滞走行の多い車両、粉塵の多い地域、極端に低温な地域、高温多湿な地域などは2万キロ無交換で行くと逆にお金が掛かる事になると思います。
    よく安いオイルを頻繁に交換するのがイイと言いますが、適正なオイル(規格、グレード)を距離にこだわらずに回転フィーリングの悪化、燃費の低下などを目安にオイル交換するのが正解だと思います。

    • makotti より:

      整備士さん、コメント大変ありがとうございます。

      愛車の点検、チェックは最低限必要ですね。
      それにしても、最近の大型トラックは8万キロ交換があるんですね。スゴイ(^^;

      整備士さんの結論としては、

      >適正なオイル(規格、グレード)を距離にこだわらずに、
      >回転フィーリングの悪化、燃費の低下などを目安にオイル交換する

      ということですが、一般人ではその辺がわからないと思いますがいかがでしょうか。

      ましてや、整備士さんが言われるように、人によって車の使い方、乗り方は様々です。

      その辺を考えて、エンジンオイルを最適な時期に交換することは至難の技だと思います。

      だから、わかりやすい交換目安が必要で、一般的には走行距離になるわけです。

      そのためには、やはり最初に整備士さんも言われたように愛車の点検、チェック。
      車のボンネットを開けて、エンジンルームを点検し、オイルの量を定期的にチェックすることは重要です。

      その上での、走行距離毎でのオイル交換が適ということではないでしょうか。

  10. PAP より:

    会社でトヨタからのリースでプリウス7台使ってます。
    リースなので点検等は全部トヨタまかせですね
    年間走行は平均9万kmで、年間10万越えも毎年あります。
    街中-高速-街中の連続だし、使用者がどんどん変わる環境は非常にシビアでしょう

    他車種も実はあるのですが、燃費的に長距離使用者が
    プリウスに集中するので結果走行距離伸びますねえ

    でも点検は原則3ヶ月おきで毎回交換したとしても
    交換間隔は2万kmを超える事は結構あります。

    通常使用による故障はトヨタ負担ですので、当然リスクを把握した上での対応でしょう
    オイル交換タイミングのリスクはその程度という事です。

    使用期間は最長でもたった4年ですがw
    もうすぐ40万キロ到達しそうです。問題何もありません。
    丈夫なもんですねえ

    • makotti より:

      PAPさん、こんにちは!はじめまして!!

      コメント大変ありがとうございます。

      >でも点検は原則3ヶ月おきで毎回交換したとしても
      >交換間隔は2万kmを超える事は結構あります。

      スゴイですね。3ヶ月で2万km…

      営業関係でしょうか。津々浦々お客様のところに回るんでしょうね。


      >もうすぐ40万キロ到達しそうです。問題何もありません。
      >丈夫なもんですねえ

      超スゴイ…40万キロ…

      ホントに丈夫ですね!トヨタ品質、いや、日本品質でしょうか。

      車って、本当に丈夫ですね。感謝、感謝です。

      私たちの生活にはなくてはならない必需品ですよね。車は。

      日頃の愛車にも、感謝の気持ちをもって大切に乗りたいものですね。

  11. 通りすがりの元整備士 より:

    似たような話をオイルメーカーの方から聞いたことがあります。
    ただし いろいろと条件があります。

    まず、全ての自動車が一緒ではないですよね?
    古い車はメーカーでも5000km交換とかになっているはずでそれを守る必要があります。
    これは加工精度の進化によるものです。

    そして経年劣化については問題となるのは水分、乳化の問題があります。
    フィラーキャップにコーヒー牛乳のようなものが付いてるの見たことありませんか?
    空気中の水分とオイルが混ざったものです。
    これは高速をのったり長距離を乗る車であれば油温で水分がとびますがチョイノリだったりたまにしか乗らない車は油温が上がらないためにより深刻になります。

    わかってて交換しないのはありですが最低限メーカーの説明通りにするべきだと思います。
    ちなみに私は1万から1万5千でオイル&エレメント交換しています。

    • makotti より:

      通りすがりの元整備士さん、はじめまして!

      貴重なコメントありがとうございます。嬉しいです。

      まず、通りすがりの元整備士さんがいわれるように、乗っている自動車の取扱い説明書を確認する必要がありますよね。(ただ、ほとんどの人が見ていないのが現状だと思います…)

      お店の人が、3000km、5000km、または、半年に交換するように勧めてきたりしますが、それを安易に信じないでくださいよ。という注意の記事でもあります。

      まずは、あなたの大切な愛車の説明書をきちんと読んで、その上でメンテナンスしていただければ幸いです。

      そして、エンジンオイルの劣化は、乳化によるものですね。

      炭化水素CHであるガソリンは燃えると、酸素O2と化合して、二酸化炭素CO2と水H2Oが発生します。

      エンジンをかけていると、マフラーから水がしたたり落ちるのを見たことがありませんか?それです。

      そして、エンジンが高温になると、発生した水分は蒸発しますが、ごく短い距離、いわゆるチョイノリでは、エンジンが高温にならず、水分が蒸発するまでいきません。

      そうすると、エンジン内やオイルパンのわずかな水分が、エンジンオイルと混ざってしまい、これを乳化といいます。

      この乳化がエンジンオイルを早く劣化させてしまう原因です。

      乗っている自動車の取扱い説明書を確認し、その通りにやっていれば車は故障しません。

      もしも、仮にそれで故障してしまったら、それはクレーム事ですよね。

      とにかく、まずはあなたの愛車の説明書を今一度見てみて下さい。よろしくお願いしますm(_ _)m

  12. J.I. より:

    興味深く読ませていただきました。

    私のクルマは、取説によると交換は15000キロ、シビアで7500キロです。とりあえず10000キロで交換しています。

    オートバックスで交換すると、必ず次回5000キロのシールを貼られます。私はそのたびに5000キロ交換の根拠を尋ねます。同時にマイカーの取説を見せます。5000キロ交換の根拠をきちんと説明できる人はいません。

    結局、客が早く交換した方がお店が儲かるので、その流れに沿ってやっているに過ぎません。要は客の無知に付け込んで不当に儲けようとしているに過ぎません。悪どいとさえ感じます。

    困ったことに、マイカーを買ったディーラーでさえも交換のたびに同じことになります。困ったものです。ディーラーにメーカーの取説を見せることになるのですから・・・

    ユーザーがオイル交換をどのタイミングでやるかは、そのユーザーの自由です。3000キロ交換している友達もいます。ターボ車でもないのに…と思いますが個人の自由ですし、自己満足は否定しません。
    だけど、無知に付け込んで5000キロのシールを貼るのは、不当な儲け主義であり、けしからん行為だと感じています。

    ちなみにマイカーはずっと10000キロ交換を続けており、前回の2000ccのミニバンは13年196000キロをノントラブル。
    今の1500ccのミニバンも6年100000キロになりますが、エンジンは快調そのものです。

    • makotti より:

      J.I.さん、記事を読んで頂きまして大変ありがとうございます!

      また、コメントまで頂き嬉しい限りです。感謝です。


      J.I.さんは10000km毎にエンジンオイルを交換しているのですね。

      そして、量販店でエンジンオイルを交換すると、J.I.さんがおっしゃるように5000km後の距離が書かれた交換推奨シールが車のドア付近に貼られますね。

      私も貼られたことがあります(^^

      しかも、量販店では「お車のためなら、3000km毎交換をおすすめします!」なんてことを言っている人がいました…

      言い返したくなりましたが、面倒くさいので私は何も言い返しませんでした。


      ところで、私はあるガソリンスタンドでヒドい例を目撃したことがあります。

      それは、中年の女性の車が給油をしていました。

      その際に無料でエンジンルームを点検するといって、店員が点検をはじめました。

      そして、その後、

      「エンジンオイルが汚れていますので、車のために変えたほうがいいですよ。」

      「エンジンオイルのフィルターもいっしょに変えたほうがいいです。」

      と次々に言われ、すべて店員のいいなりになっている女性を見たことがあります。

      私は「あっ。ガソリンスタンドのカモにされているな。可哀想…」と思って見ていましたが、私には何もできませんでした。


      あとでこの話を、ガソリンスタンドでアルバイトをしたことのある友人に聞きましたら、店員にノルマがある所があるそうです。

      月にオイル交換〇台とか、洗車〇台とか。


      また、これは私自信が経験した話で実話なのですが、こんなことがありました。

      給油をするためにガソリンスタンドに立ち寄りました。

      給油をお願いした後、トイレに行きました。

      用を足して、車に戻ると勝手にボンネットを開けられて、エンジンオイルをチェックされ、オートマチックオイルは抜き取られていました。

      その店員は、私に言いました。

      「エンジンオイルが汚れているので、変えたほうがいいです。また、オートマチックオイルも調べたのですが、このように新品と比べるとこのように汚れているので、新しく変えたがいいですよ。」

      といいやがりました!

      私は勝手にやられたことに腹立たしくなりましたが、グッと感情を抑えながらこう言いました。

      「エンジンオイルは1ヶ月前に交換したばかりなのですが、本当に汚れていましたか?」

      「ホントに変えたほうがいいのですか?」

      そういったら、店員は黙ってしまいました。(そりゃそうでしょ!)


      その様子を見ながら、私は次にこう言いました。

      「勝手に人の車をいじらないでください!勝手にボンネットを開けて、しかも勝手にオイルを抜くなんて以ての外です!二度としないでください!!」


      そうでしょ。大切な車を勝手にいじくられて、いい気をする人はいないと思います。

      相当腹が立ちましたが、その時は冷静に言うことができました(^^;


      それにしても、J.I.さんは車に多く乗られますね。

      >2000ccのミニバンは13年196000キロ

      >1500ccのミニバンも6年100000キロ

      スゴイですね。職場が遠くて、通勤距離が長いのでしょうか。

      そうでしたら、毎日大変ですね。お疲れ様です。

      J.I.さんが安全運転で無事故でおられること心よりお祈り致します。

      今回、ありがとうございました。感謝!!

      • J.I. より:

        ご丁寧に返信ありがとうございます。

        読ませていただき、思い出したことがあり、再び返信させていただきます。

        こんなことがありました。

        ディーラーでオイル交換して1週間後に別な用事でオートバックスへ。たぶんタイヤ交換だったと思うのですが、交換後に整備の人からこう言われたのです。耳を疑いましたよ・・・

        「オイルが汚れてますよ・・・交換した方が良いですよ。」
        「あのう、これ1週間前に交換したばかりですけど。」

        この時はこれで笑ってごまかされましたけど、ひどい話ですよね。

        友達に話すと憤慨し、こう言われました、いや自分ならこう言うと。

        「それはディーラーが交換したふりしたってことですよね。今から文句を言いに行くので、証人になってくれますよね。」

        うーんとっさに思いつかなかったけど、確かにそう言えばよかったです。

        今にして思えば、オートバックスにはオイル交換ノルマがあったのかもしれませんね・・・頷けます。客の無知に付け込んで、アコギな営業を・・・

        私の知り合いの中にも、分別が付く大人の方にも、オイル交換5000キロ伝説を信じている人がそれなりにいます。

        このページが少しでも多くの皆さんの役に立つことを信じております。

  13. 自分も通りすがり より:

    エンジン内は密閉されておらず、オイルは酸化等により劣化すると認識しています。 またエンジンにもいろいろあり、それぞれ条件がだいぶ異なるのが実情ですが、それを20000km毎交換でOKとする考えが正しいと思えない面があると思います。
    汚れだけで判断出来ない等との解釈については、自分も同様に感じていますし全てに対し否定している訳ではありません。 交換時期については壊れる云々とは別の世界、エンジンにとって良い状態を維持出来ることが条件となるかと思います。

    勘違いされていると思われますのが、異論に対して専門家がそう言ってるという事を主張されていますが、その専門家によって意見の相違もあったりする事はないでしょうか。
    法律も、専門家であっても解釈は違い、集団的自衛権の事で揉めましたね… 医師の診断も皆同じ御見立てではないし、以前と昨今では常識的だった事も覆されて来ている事が多いです。

    実際ある程度走ると、タペット音が出てくるものも多いですが如何でしょうか。 同じく有る程度走ると、匂いが変わり油量が減少し始める場合は如何でしょうか。 メンテの現場等でなければ解らない事もあると思います。 先に聞いた情報に傾く傾向があるのはいたしかたない面もありますが、折角皆さんに頂いたコメントにも理解を示してはどうでしょうか。 貴殿の意見より納得できるコメントを沢山見かけましたよ。

    • makotti より:

      自分も通りすがり様

      返事が大変遅れまして申し訳ありません m(_ _)m

      はじめまして!記事を読んでいただきまして大変ありがとうございます。

      その上、コメントもいただきとても嬉しいです。


      私も通りすがりさんがいわれることも十分わかります。そのとおりと思います。

      専門家による意見も相反することがあることも十分承知しております。

      そして、沢山の皆様からいただいたコメントも大変ありがたく、納得できるコメントもあります。


      私がこの記事を書いたのは、一般的にガソリンスタンドやカーショップで、まことしやかに「5000㎞毎あるいは3000㎞毎交換」と言っていることに対するために書いた面もあります。

      確かに、そのようなサイクルで交換が必要な車種もあるでしょう。人間と同じように、車も一様ではありません、

      エンジンの種類、排気量、形式、構造、使用状況、外気温などなど、諸々の状態、状況からエンジンオイルを交換するための要因があるでしょう。

      エンジンが壊れない程度で交換したい、適切にできるだけエンジンがいい状態で交換したいなど、そういった交換希望があることもあります。

      それを一概にこの距離で交換とは言えないことも理解しております。


      ただ、今一度あなたの愛車のことをよく知ってほしい。
      ガソリンスタンドやカーショップにいいなりにならないでほしい。
      きちんと車の説明書を読んで、適切なメンテナンスをしてほしいという思いと啓蒙からも、この記事を書きました。

      ですから、読んでいただいた読者さんに、これを期によく考えてほしいという思いもありました。エンジンオイルの交換時期にこういったこともあることを。

      お陰様で、こうして沢山の皆様の様々なコメントをいただきました。

      本当に大変ありがたい限りです。感謝、感謝です。

      自分も通りすがりさん、また、何かアドバイスをいただけたら、幸いです。

      本当にありがとうございました。

  14. Gy3w より:

    ヨーロッパ車、日本車両方乗りましたが、ヨーロッパ車と日本車は大きな違いがあります。
    まず、ヨーロッパ車は、6L以上の容量があります。4L以下が多い日本車と比較すれば、1.5倍汚れに対するマージンがあります。
    次に、ヨーロッパ車は、大抵認証オイル制度あり、高品質なオイルを使うことを前提にしています。
    さらには、オイルがある程度消耗することから、定期的なオイル点検と補充が必須です。

    • makotti より:

      Gy3wさん、はじめまして。

      記事を読んでいただきまして大変ありがとうございます。
      そして、コメントまでいただきとても嬉しいです。

      実は私もヨーロッパ車に乗っておりました。
      (子供が生まれて、車の買い替え時に妻の考えもあり、日本車に買い替えました(^^;

      私の認識としましては、ヨーロッパ車は日本車よりもオイルを燃やすエンジンといわれております。
      だから、オイルを多く消費してしまうので継ぎ足し継ぎ足しするのが一般的です。

      そのため、大きなオイルパンを設け、オイル容量が大きいというものです。

      一方、日本車はオイル消費が少ないエンジンのため、オイルパン容量は小さく、入るオイル量は少ないのです。

      日本車は手間のかからなく環境にもやさしいかもしれません。

      そのようなことから、ヨーロッパ車から日本車に買い替えたわけではありませんが、メンテナンスや維持費、部品交換の手間暇など、総合的に日本車の方が乗りやすいということでそうしました。

      車を移動のための道具として考えるなら日本車がいいでしょう。

      しかし、それ以外のステータスや乗り味、所有感など味わいたいということであれば、ヨーロッパ車いいですね(^^

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ