勤労感謝の日とは?驚きの由来と意味,名称は!?子ども向けに簡単に解説

勤労感謝の日は、毎年11月23日で休日になっていて、

祝日のひとつのわけですが、

いったい勤労感謝の日には何なのか?由来と意味は?

なぜ11月23日なのか?

子どもにもわかりやすく解説します。


Sponsored Links




勤労感謝の日とは?驚きの由来と意味‼なぜ11月23日なの?



勤労感謝の日(きんろうかんしゃのひ)国民の祝日となったのは、

1948年(昭和23年)に法律で定められました。


その目的と意味は、

「勤労を尊び(とうとび)、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」

ということなんです。



なぜそのような勤労感謝の日が祝日として定めらたのかというと

その由来は、

第二次世界大戦の戦前の11月23日に行われていた

「新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)」

の日となります。



その新嘗祭とは、日本古来からある農作物の恵み、豊かに実ることに感謝して祝う

日本国のとても重要な天皇がかかわる儀式、行事でした。



この行事は、飛鳥時代の642年の女性の天皇、

皇極天皇(こうぎょくてんのう)の時代から始まりました。



ちなみに「新嘗」とは、新しい農作物のことを意味していて、

その年に採れた新しい収穫物のことをいいます。



その後、第二次世界大戦の戦後、

日本はアメリカに戦争で負けて、アメリカの占領下になり、

日本国民が崇拝する天皇がかかわる行事は、

また日本が戦争をしてしまう原因になるかもしれないということで

アメリカの占領軍の政策により、

「新嘗祭」という天皇がかかわる式典、行事ということを廃止し、

その代わりに名称を「勤労感謝の日」としたのです。

Sponsored Links


勤労感謝の日という名称になった驚きの理由とは!?



実は、アメリカにも、この日本の「勤労感謝の日」と似た行事があります。



9月第一月曜日には、レイバー・デー(Labor Day)という勤労の感謝を祝う日があり、

また、11月第4木曜日に、サンクスギビング・デー(Thanksgiving Day,感謝祭)という生産を祝う日があるんです。



そこで、アメリカの占領軍は、「新嘗祭」という名称を変えるにあたって、

上記の似たような意味合いを持つアメリカの行事の

2つの行事の名称を組み合わせることを考えたのです。



そこで、 「Labor Day」と「Thanksgiving Day」を組み合わせ、

「Labor Thanksgiving Day」という名称を考え出し、

それを日本語訳して、「勤労感謝の日」という名称になった
のです。


勤労感謝の日


さいごに



「勤労感謝の日」(きんろうかんしゃのひ)は、

「勤労を尊び(とうとび)、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」

ということで法律で決まり、祝日となりました。


その由来は、

日本古来からある農作物の恵み、豊かに実ることに感謝して祝う

日本国のとても重要な儀式、行事でした。


しかし、現在では、少し意味合いが変わって、

農業の農作物の収穫を祝うだけでなく、

広い意味でのさまざまな労働、勤労に対して、感謝する日となりました。


その日には、感謝の意味を込めて、プレゼントをしたりしますが、

日ごろからのありがとうの意味を込めて、

悩む喜ばれるおすすめの人気のプレゼントは絶対これですね↓


●父親への勤労感謝の日の人気プレゼントはコレ‼↓
[アメリカ直輸入のため特価]カルバンクラインネクタイ[ CalvinKlein ]/メンズ[日本未発売・海外 正規品]

●それかコレ‼↓
【楽天ランキング入賞商品】【メール便対象】 バーバリー Burberry ☆ ハンカチ プレゼント ギフト 【正規品保証】


●母親への勤労感謝の日の人気プレゼントはコレ‼↓
季節のお花3300円シリーズ☆自由が丘スタイルで贈る バラとカーネーション のカップアレンジと プリザーブドフラワー コロン【楽ギフ】

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ