ノロウイルスの症状 大人では?薬と消毒の驚愕の事実とは?

ノロウイルスの症状 大人 薬と消毒は
ウイルス
ノロウイルスが猛威を振るっていますね。


そこで、ノロウイルスの症状 大人についてお伝えしますが、

薬について、消毒方法について、

驚くべきことがありますので

合わせてお伝えします。


(私もかかったことがあるのですが、つらいですよ(^^;)


Sponsored Links


ノロウイルスに感染すると

24時間~48時間ぐらいで発症します。


ノロウイルスの症状

「胃腸にくる風邪」として表現されることもあり

主症状としては、

熱はそれほど出ないのですが、(時には高熱もでる)

吐き気嘔吐(おうと)、腹痛下痢などの症状があり、

これらの激しい強い症状が、1~2日ほど出て

徐々に、症状が回復するような感じです。


腹痛下痢

また、人によっては、ノロウイルスに感染しても、

症状が出ないことや軽い症状でおさまる場合がある
のです。


ただ、症状が治まったとしても3~5日間ぐらいは、

糞便に混じって、ノロウイルスが排出されるので

感染を拡大させないように、しっかり手洗いなどをして

注意する必要があります。


また、吐瀉物にも、ノロウイルスが含まれていますので

家族や周りに感染が拡大しないように注意する必要があります。


そのためには、消毒殺菌剤は、

塩素系のものを使ってください。


また、ノロウイルスは、加熱すると死滅します。


ただ、アルコール系の消毒殺菌剤は、ノロウイルスに効きません。


ノロウイルスに効く塩素系消毒殺菌剤の詳しくはこちら↓




衣類や雑貨などのノロウイルスに効く
塩素系消毒殺菌剤の詳しくはこちら↓



感染拡大を防ぐためには、

ときには吐瀉物などがついた服など

すべて捨てたほうがいいかもしれません。


Sponsored Links



そして、ノロウイルスに感染した場合、

小児や高齢者など大人よりも体力がない人は、

下痢による脱水症状になったりして、

体力を消耗してしまい、危険な容態になる場合があるので

つらい場合は、すぐに医療機関を受診した方がいいです。

病院


そして、ノロウイルスに対する治療薬なのですが

実は、薬がありません


ノロウイルスの特効薬がないのです。


抗生剤も効きません。

薬ない


したがって、医療機関では、

整腸剤や吐き気止め、解熱剤などの薬を出す感じです。


ひどい場合は、医療機関では、

水分補給、吐き気止めなどの点滴をします。



ここで注意が必要なのは、下痢止め薬です。


下痢止め薬を飲むと、ウイルスを体内に留めてしまうため

場合によっては、症状が悪化する場合がありますので

自分の判断で、絶対に下痢止め薬を飲まない方がいいです。


したがって、ノロウイルスに感染した場合は、

対処療法ということになるのです。


したがって、自力で直すという場合は、この3つしかありません。


  1. 水分をよくとる
  2. 栄養補給をする
  3. 体を休ませる



下痢をするので、体の水分が失われますので

十分に水分をとります。


スポーツドリンクが好ましいです。


また、栄養補給は、吐き気や嘔吐がひどい場合は

医療機関に早めに受診した方がいいのですが

そこまでひどくない場合は、しっかり食事を摂ってください。


その際は、消化のよい食事を心がけてください。


ノロウイルスに感染すると体力が消耗します。


体がウイルスと闘って、体力が消耗しますので

しっかり体を休ませて、体力を回復させてあげます




以上ですが、ノロウイルスに特効薬はなく

対処療法しかありません。


くれぐれも症状がひどい場合は

早めに医療機関を受診してください。


(私もかかったことがあるのですが、つらいですよ(^^;)

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ