MBAとは何?取得してメリットがあるのか?

MBAとは、

Master of Business Administration、

の略称で、経営学修士号 のことです。


一般に「ビジネススクール」と呼ばれる

経営学の大学院修士課程修了者に与えられる学位

のことです。


MBAでの授業は、

ビジネスマンとしての実践を身につけること

を最大の目的にしています。


内容は、

実際の企業事例を元にディスカッションが中心で、

人的資源管理、ファイナンス、会計、サービス、

マーケティング、インフォメーションシステム

ビジネス法、ビジネスコミュニケーションなど

経営実務に必要な専門知識と

ビジネスリーダーとして活躍できる論理的思考力などの

経営に必要な幅広いテーマを学ぶことできます。


通常2年の間で、必要な単位を取った後、

一定以上の成績を修めることで

MBA経営学修士を取得できるというものです。


どうしたら、取得できるのか?

Sponsored Links


取得方法は、今現在いろいろ方法があって、

海外留学や、日本国内の大学、ビジネススクール、

または通信教育などもあり、

MBA経営学修士を取得する選択肢は、

実にさまざまある。


そして、

仕事をやめて全日制に進学するか、

仕事をしながら夜間、通信制に進学するか、

の選択肢もある。


では、

気になる費用はどのくらいかかるのか?

100~数百万円、海外留学となると1000万円くらいかかる。


では、MBA経営学修士 を日本で取得して役に立つのか?


アメリカなどでは、MBA経営学修士は

比較的簡単に年収が上がるということで人気だという。


平均的に1000万円を超えるそうだ。


それも、卒業したばかりの人の年収でです。


とあるシカゴ大学のMBA卒業生の初任給は、

なんと 2220万円 なんてことがあったそうです。


一方日本では、会社の経営者で

楽天の三木谷社長、

ローソンの新浪社長

などがハーバード大学でMBAを取得してます。


一般の会社員などでは、

会社に取るように迫られ

取得する人もいるようですが、

一般の人がMBA経営学修士を取得するとどうなるのか?

こんな調査があった。


ある国内最大規模の経営大学院の入学者414人が卒業生に

対して行ったアンケートによると、

学位取得後平均2年半後に、

年収は、平均26%アップ。

さらに、

入学時には7.6%だったのに、

卒業後は、

生徒に占める役員以上の割合が

22.1%までアップ。


他にも、

「希望の部署への異動を獲得した」など、

「処遇・キャリア上で良い変化があった」

という回答が95%もあったという。


メリットがいろいろとあったことがわかる。


また、ある企業転職情報サイトの調べでは

年収は 500 万円以上では

MBA 取得者  74 %

文系大学卒業者 45 %

また、MBA 取得者で

年収 500 万円以下の割合が 26 %と

なっていますが、

これは、

会社派遣で取得した場合、

元の会社のとどまることが多いため、

給料が押さえられる事が多いとのことです。

年収 1,000 万円以上では、

MBA 取得者  27 %

文系大学卒業者 9 %


こうして数字をみると

MBA経営学修士を取得すると

年収が高くなる確率が上がる

ことが分かる。


Sponsored Links



そして、

MBA経営学修士を取得すると

年収が上がるとともに

就職や転職に有利になるというメリットがある。


しかし、

MBA経営学修士を取得するには

多額の費用、時間がかかるので

その兼ね合いで、

どうすればいいのか悩むところではある。


また年齢的には、

就職、転職するには、

年齢的に若い場合は、チャレンジする価値はあるようだが

35歳未満をというようなラインがあるようだ。


どのみち、MBA経営学修士を活かすのは、

それぞれ個人。


そして、

その価値を判断するのは

その人を雇う会社である。


日本の会社では、

MBA経営学修士が役に立たない

すなわり年収がアップしない、

処遇が良くならないところもある。


そして、

海外や外資系の会社で働く人には

そのメリットの恩恵を多く受けるようだ。


いずれにしても、

MBA経営学修士の取得は

目標を実現するための手段であって

取得することが目的ではない。


でも、将来に向けて、キャリアアップして

「やってやるんだ!」

という闘志あふれる勢いのあるやる気のある人には

MBA経営学修士をとることはその通過点になりそうだ。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ