プリン体とは?含有量の多い食品、少ない食品、プリン体ゼロの食品は?

プリン体とは?何か知っていますか?


最近、テレビのCMなどで、プリン体ゼロなどの

ビールを聞いたことがあります。


なんでも痛風によくないとのことですが

いったいプリン体とは?

プリン体の多い食品、少ない食品、

なんとプリン体ゼロの食品
もあり

いろいろわかったので、見ていきましょう(^^

Sponsored Links



■プリン体とは?



プリン体とは、プリン骨格を持つ物質の総称で、

プリン塩基、プリンヌクレオシド、ATP などのプリンヌクレオチド、

さらに核酸に含まれます。


プリン


プリン体は、私たちの体をつくる細胞

話題のDNA遺伝子を作るための核酸の材料になる

欠くことができない物質です。


人の体内でも、プリン体は、生成、分解されています。


食べ物では、穀物類や肉、魚、野菜など

さまざまな食物に含まれています。


通常、私たちが食べ物でプリン体を摂ると

プリン体は、腸内で分解され、

尿酸となり、肝臓で代謝され、

腎臓でろ過された後、尿となって、体外に排泄されます。


この尿酸がくせもので、

体内血液中に過剰に存在すると

痛風を引き起こす原因になるのです。

痛風


ですから、

痛風の場合は、プリン体の多い食品をたべないように

気をつけることが必要になるのですね。



そこで、医師を対象として作成された

日本痛風・核酸代謝学会の

「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」では

プリン体の目安量が示されていて

1日 400mg

となっています。


それを目安に食べ物を食べることになるのですがが、

そこで、食品に含まれているプリン体の含有量はどのくらいなのか、

まず、気になるプリン体の多い食品から見ていきましょう。




■プリン体の多い食品一覧



プリン体は、先ほど言いましたように、

さまざまな食物に含まれています


体をつくる細胞やDNA遺伝子を作るため核酸の材料のため

その部分にプリン体が多く含まれており、

その細胞の数に比例して、プリン体も多く含まれるのです。


そのため、特に、肉や魚の内臓などは、

プリン体の多い食品の代表といいます。


また、プリン体は、水溶性なので、

肉や魚などから出汁をとったスープにも

多く含まれているので注意が必要です。


それでは、プリン体の多い食品一覧です。


・鶏肉・豚肉・牛肉のレバー

・煮干し・かつお節・干し椎茸

・イワシ、アジなど魚の干物類、スルメ

・白子、アンコウの肝

・真イワシ、カツオ、車エビ、サンマ、マグロなど

・肉類や魚介類を食材とした鍋物の煮汁



プリン体が含まれる含有量は、


肉のレバー類は、210~320 mg/100g

白子は、300 mg/100g

エビ、イワシ、カツオは、210~270 mg/100g


と特に、プリン体の含有量が多いですね。

それでは、プリン体の少ない食品を見ていきましょう。

Sponsored Links


■プリン体の少ない食品一覧



・穀物類(米、小麦粉、うどん、そば、パンなど)

・果物類、野菜類、イモ類

・海草類(昆布、ひじき、ワカメなど)

・豆腐・プロセスチーズ・焼きかまぼこ・ソーセージ
 など


こうして見ますと、プリン体が含まれる含有量は、


白米、小麦粉は、26 mg/100g、その他 0~25 mg/100g で


プリン体の含有量は少ないです。


ごはん


毎日何杯でも飲みそうな

コーヒー、お茶、ココアですが、0~25/100g と

プリン体の含有量がで低くて安心しました(^^

コーヒー


そこで、プリン体の少ない食品ではなくて

「プリン体ゼロの食品」はないのか?

と気になるところです。


生き物には、プリン体をほとんど含みますので

プリン体を含まない食品を探すのはとても難しく

ほとんどないというのが現状です。


でも、「プリン体ゼロの食品」を探してみましたら、ありました!


「プリン体ゼロの食品」はこちらです。


・鶏卵

・牛乳


です。






プリン体の多い肉や魚などの代わりに

「目玉焼き」や「卵焼き」を食べてみてはいかがでしょうか。




■プリン体とビール



プリン体といえば、ビールを思い浮かべる人もいると思いますが、

ビールや発泡酒に含まれているプリン体

原材料の麦芽由来といいます。


また、お酒では、蒸溜酒よりも、醸造酒の方が

プリン体が多く含まれています。


プリン体の含有量が多いアルコールの醸造酒

ビール、紹興酒 があります。


一方、プリン体の含有量が少ないアルコールの蒸留酒

焼酎、ウイスキー、ブランデー です。


実際にどのくらいお酒類にプリン体が含まれているか

プリン体の含有量を見ていきましょう。

ビール


お酒類のプリン体の含有量(/100ml)


<プリン体の含有量が多いアルコールの醸造酒>


・ビール 5~10 mg

・発泡酒 2.5~5 mg

・日本酒 1.2 mg

・ワイン 0.4 mg

・紹興酒 11.6 mg



<プリン体の含有量が少ないアルコールの蒸留酒>


・焼酎25% 0.0 mg

・ウイスキー 0.1 mg

・ブランデー 0.4 mg


     (参考:公益財団法人痛風財団 http://www.tufu.or.jp/)



それほどアルコール飲料では、

プリン体の含有量が多くはないようですが

お酒を毎日飲む人は、痛風になる危険が高いといいます。


また、アルコールの作用が加わると、

尿酸値が上昇するのです。


アルコールは、肝臓で分解代謝されますから

尿酸も分解代謝される肝臓に負担がかかり

よくないのですね。



そして、

毎晩、ビールを晩酌している人もいるとは思いますが、

ほとんど飲まない人に比較して、

ビール大瓶1本を毎日飲む人は、

痛風になるリスクが2倍以上になる

といいます。




■さいごに



最近では、若い人に、尿酸値が高い人が増えているといいます。


まずは、尿酸値が高い人は、体を動かして、

肥満を解消するように努めることが大切といいますが、

1日三度の食事は毎日のことなので、

食事を気をつけることでより効果が大きいといいます。


今あげました食べ物は、

プリン体の多い食品一覧、

プリン体の少ない食品一覧、


アルコール飲料は、

プリン体の含有量が多いアルコール、

プリン体の含有量が少ないアルコール

を見て、賢く上手にプリン体の含有量が少ない食べ物、飲み物を

摂るようにしたいものです。


なお、ビールはプリン体ゼロなる商品が出てきているので

嬉しいですね(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ