七草粥の由来と意味!!簡単レシピも!?|1月7日に食べる本当の凄い秘密!

七草粥の由来と意味とレシピ 1月7日に食べる効果がスゴイ
七草粥

1月7日に食べる七草粥(ななくさがゆ)ですが、知っていましたか?


名前だけは聞いたことがある人も多いようですが、「なぜ七草粥を食べるのか?」「七草粥を食べる意味とは?」「七草粥を食べる効果は?を知らなかったりしませんか?


実は、七草粥の由来から、なんと!国が認めるほど、1月7日に食べる七草粥(ななくさがゆ)を食べる意味や効果・効能あった!?のです。


Sponsored Links


七草粥とは?スゴイ栄養がある!?


まず、七草粥(ななくさがゆ)とはどうゆうものかといいますと、その名のとおり、七種の食べられる草が入ったお粥(おかゆ)のことをいいます。


七草粥に入れられる七草の種類はというと


「せり」「なずな」「ごぎょう」「はこべら」「ほとけのざ」「すずな」「すずしろ」


の7種類になります。


お正月に食べる七草粥の中には、上記の春の七草を入れて作ります。


「七草がそれぞれどんなものか?」

「七草がどんな意味や効果、効能があるのか?」

をまとめるとこうなります。


まずは、春の七草がどんなものか動画でご覧ください。



●なずな(薺)・・・撫でて汚れを除く

別名、ぺんぺん草。胃や肝機能の回復、高血圧の改善、利尿作用あり。


●はこべら(繁縷)・・・繁栄がはびこる

別名、ハコベ。利尿作用あり。歯槽膿漏にも効果あり。


●せり(芹)・・・競り勝つ

カルシウム、ビタミンBが豊富で、胃の調子を整え、食欲増進効果あり。


●すずな(菘・鈴菜)・・・神を呼ぶ鈴

別名、かぶ。カルシウムやビタミンC、ビタミンKが豊富。シミ・ソバカスを消す美肌効果あり。


●ごぎょう(御形)・・・御仏様の体

別名、母子草。気管支炎や咳き止め、痰切りなどの効果あり。


●すずしろ(蘿蔔・清白)・・・汚れなく清白である

別名、大根。消化促進作用や利尿作用あり。胃や肝機能の回復。


●ほとけのざ(仏の座)・・・仏様の安座

別名、タビラコ。胃の調子を整え、解熱・解毒作用もあり



それぞれの七草の呼び名には秘められた願いをかけた意味があるのですが、実際、七草は、春を待たずして、新芽を芽吹くため、身体にいい栄養素やビタミンなどがたくさん含まれており、薬草としても用いられるため、七草は、実際にさまざまな効果や効能があるのです。

正月には、普段は食べないようなごちそうやお酒を沢山いただいたり、不規則な生活をすることで、胃にも正月疲れがたまるこの時期に、七草粥を食べることは、胃に負担をかけないため、身体にいい理想的な食べ物なわけです。


1月7日に七草粥(ななくさがゆ)を食べるという意味は、それ以外にも、実は「邪気を払い、無病息災を願う」という意味もあります。

お祓い 邪気を払い

「本当かよ!」「そんな効果あるの!?」「迷信!迷信!」とすぐに疑ってしまいますが、なんと!驚きなのですが、1月7日に七草粥(ななくさがゆ)を食べるのは、「国をあげての行事」だったので、本当に効果や効能がある!?ようです。



そうでなければ、そんな国をあげて、「1月7日に七草粥を食べましょう!」なんてことにはならないはずです。


そこで、七草粥の由来について、衝撃の事実についてお伝えします。



七草粥の由来


七草粥の由来は、古代中国にて、五節句の1つである「人日(じんじつ)の節句(1月7日)」に、7種類の野菜を入れた汁物を食べることで、無病息災(むびょうそくさい)五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈るという意味がありました。


それが、日本に伝わったわけですが、七草粥の習慣は、最初、宮中行事として、皇族や貴族の間でのみ行われていたのですが、その後、江戸時代には、一般庶民にも広く知れ渡るようになり、今現在のように普及していきました。


人日(じんじつ)とは、古代中国の占いからきている風習で、元日からの日に、動物をあてはめて占うというもの。


正月一日の元日を鶏、2日は狗(いぬ)、3日は羊、4日は猪、5日は牛、6日は馬、7日は人、としていたことから、「人日は7日」のことを意味するわけです。

その古代中国の占いでは、その日にあてはまる動物は殺したりせずに、大切にするという風習があったとのこと。


その風習が、日本に伝わってきたのは、7世紀後半から8世紀後半頃にかけてまとめられ奈良時代の終わり頃できたといわれている日本に現存する最古の和歌集「万葉集」の時代でした。


貝合わせ 宮中行事 貴族

1月7日の人日(じんじつ)の節句の日に、七草粥を食べる風習は、最初、宮中行事として、皇族や貴族の間でのみ行われていました。
北枕でねるとよくない事実はウソ!?というように、自分たちだけその効果や効能を楽しんでいたのでしょうか!ズルい!)


それが、その後、江戸時代初期ころ、江戸幕府によって「式日」として制定され、なんと!「七草」が公式行事として行われるようになったんです。


「七草」が幕府の公式行事になったことで、「七草粥」などの風習が、次第に武家から一般庶民にも広く知れ渡り定着しました。


そして、日本の古い書物には、「正月7日に七草粥を食べれば万病なく邪気も払える」というような記述が残っています。


明治時代になると、暦が「太陰太陽暦」から「太陽暦」に変わることに伴い、公式行事としては廃止されてしまったのですが、現在でもその風習が一般に広く残っていることから、「七草粥」は、江戸幕府が公式行事として認めていたわけですし、「七草粥」を食べる効果や効能はある!といえるのではないでしょうか。


また昔、その当時は、まだ科学も発達しておらず、七草の栄養成分やビタミンなどや薬効は知られていなかったわけですが、当時の人たちは「七草粥」を食べてみて、万病なく邪気も払えるという無病息災の効果や効能を実感していたと考えられます。


Sponsored Links



そこで、ぜひ「七草粥を食べたい!」ということになるわけですが、七草粥のレシピ、作り方について、初めての人や忙しい人でも手軽に簡単にできます!

動画を添えて、次にお伝えします。



七草粥のレシピ、作り方|秘伝のアレを加えると美味しくなる!?


では、美味しい七草粥を食べたいものですが、どのように作ればいいのか?


まずは、重要な食材の七草を手に入れなければいけませんが、今はこんな七草セットがあり、お手軽にネットで購入できます





そして、七草粥のレシピと作り方ですが、初めての人や忙しい人でも手軽に作ることができます


七草粥の作り方は、3分程度の動画を見れば、手軽にできますよ!


七草粥の作り方動画の詳しくはこちら↓
英語での案内もあり、実にグローバルです!



七草粥のレシピ
■用意するもの

  • 七草 70g
  • ご飯 250g(冷や飯でもOK、目安:茶碗小盛り1杯100g、普通盛り150g)
  • 水 500ml
  • 塩 適量


  • ■七草粥の作り方

    1. 七草を軽く水で洗う
    2. 鍋に水を入れ、沸騰したら、七草を入れ、サッとゆでる
    3. ゆでたら、ザルにあけて、湯を切り、流水で洗う
    4. 七草の水をきる(葉物は握って水気をしぼる)
    5. カブなど根がついている物は切り落とす
    6. 七草を細かく刻む
    7. 鍋に水を入れ、沸騰させる
    8. ご飯、そして、七草を加えて混ぜる
    9. 塩を適量加える(七草の風味を損なわないよう薄めがポイント)
    10. できあがり!


    どうですか?


    簡単でしょう~(^^


    七草の素材の味が引き立つように、塩だけでもいいですが、裏ワザで、塩の代わりに、出汁や薄口しょうゆを使ってみたり、昆布茶を使うと、さらに美味しくなりますよ!(^^


    昆布茶のうまみが加わって、私的には最高にうまいと思います。


    ぜひやってみてください!


    不器用な!?私でも作れますので、男女問わず、七草粥を作ることができます。


    こんな簡単だったら、子供にも作ることができるかも…と思い、子供をおだてて、作らせてみようかなと思ってしまう正月疲れがたまっているぐうたらパパなのでした(^^;


    さいごに


    七草粥は、お正月のおせち料理や飲酒などで、疲れた胃腸をいたわるために食べるものだといわれていましたが、七草粥には、邪気を祓い、無病息災を願ったり、秘められた願いをかけた意味があることがわかりました。

    その七草粥は、歴史的にも昔から長く続く古い文化だったんですね。


    七草粥に込められた意味を考えながら食べることで、「願いがかなう!」確率がグンっとアップ!?するでしょう(^^

    中国4000年の歴史、古代中国から言い伝えられているのですから、七草粥の効果バツグンのことでしょう。


    江戸幕府が公式行事にもしたくらいですからね。


    ちなみに、七草粥の味ですが、「はこべら」 や 「ほとけのざ」 など苦いものもありますが、「なずな」 はおいしいですよ(^^

    Sponsored Links

    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






    コメントをどうぞ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ