OJTとは何?意味とメリット・デメリット|意外な由来とは?

OJTとは何?意味とメリット・デメリットと由来

ojt
「OJT」って何ですか?

うる覚えで、しっかり理解していますか?

OJTを間違って覚えている人も多いようなので

ここで「OJT」をしっかり理解したいと思います。

Sponsored Links


■OJTとは何?意味は?



OJT(オージェイティー)は、

On-the-Job Training(オン・ザ・ジョブトレーニング)といって、

企業内で行われる人材育成の企業内教育・教育訓練手法のひとつです。


OJT(オージェイティー)は、仕事中,仕事遂行を通して訓練をすることです。


現場でいきなりやらせるのではなくて

現場で上司や先輩が指導役となり、必要な知識や技能を、

意図的、計画的、継続的に、実際の業務を行う中で、身につけさせていく方法です。






OJTの由来は、1917年、第一世界大戦中


人手不足の造船所をなんとかしなければいけなくなり、

大量の新人を教育・訓練するために、緊急要員訓練プログラムを作ることになり、

その責任者、チャールズ・R・アレンが考案した4段階職業指導法にOJTは由来しています。


それは、以下のことです。


1.Show(やってみせる)

2.Tell(説明する)

3.Do(やらせてみる)

4.Check(補修指導)



戦争から生じたものとは思いませんでしたが、

このOJTの由来のチャールズ・R・アレンが考案した4段階職業指導法は

どこかで何か聞いたことはありませんか?


そう!

太平洋戦争時、世界最強と呼ばれた海軍大将、

連合艦隊司令長官だった山本五十六(やまもと いそろく)

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」


ojt山本五十六
(出典:http://www.japan-fishing.com/navy/situmon.html)


これはとても有名で、

現在でも、多くの企業などで高く評価されている、OJTの基本ですね。




Sponsored Links



■OJTのメリット



OJTは、個人のレベルに合わせた目標が設定できるのが特徴です。

ojtメリット


OJTのメリットは、以下の点があげられています。


・研修機会が日常的に得られる(業務即した内容を指導できる)

・教育のための時間を取る必要がない

・その時に応じて、臨機応変に指導できる

・マン・ツー・マンできめこまかく指導できる

・費用が安い。教育訓練施設を作る必要もなく、現場で訓練するため。



このように仕事を通じて、実践的に習得させることができ、

結果が、直接業務遂行能力の向上に結びつので

研修効率がとてもよいです。


また、上司や先輩、部下との相互理解や信頼関係に役立ちます。


一方、OJTはいいことだらけではなく以下のようなデメリットもあります。




■OJTのデメリット



指導者が日常業務に従事しながら教育するので

忙しくて、時間ととともに負担が大きいです。


また、現場のその場その場で教えるため、

体型的に教えることが難しいです。

ojtデメリット


OJTのデメリットは、以下の点があげられています。


・指導者の時間・負担が大きい

・指導者の指導力によって効果は大きく左右される。(指導者の資質、能力、態度など)

・指導者が部下育成のための指導方法を学習しなければならない。

・基礎的・系統的な理解が困難




OJTは、メリットとデメリットがあることがわかりましたが、

では、OJTを効果的に行うためにはどうしたらいいでしょうか?


「OJTを効果的に行うためには?」は、

長くなりましたので、次にお伝えします。↓

『OJTを効果的に!効率的に!メリットを最大限活かす方法』

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ