子供の寝返りの時期は本当はいつがいいの?発育・発達は大丈夫か?

子供の寝返りの時期はいつがいい?発育、発達は大丈夫?
寝がえり赤ちゃん
子供の寝がえりがいつなのか心配になります。


一般的には、生後5ヶ月くらいからといわれますが

それ以降に、一向に寝がえりをする気配がみられないと

「うちの子は発育が遅いの? 大丈夫かな?」

と心配しちゃいます。わたしもそうでした(^^;


そこで、子供の寝がえりについて、

心配を解消してもらいたいと思い、お伝えします。

Sponsored Links


■寝がえりの時期は本当はいつがいいのか?

寝返りは、生後5ヶ月を過ぎると始める赤ちゃんが増えてきます。


早い赤ちゃんでは、3ヶ月くらいで出来てしまうといわれます。


そして、寝返りができる平均な時期は、生後5~6ヶ月なんですね。


そして、生後7ヶ月では、90%程度の赤ちゃんが寝返りができるというのです。


ここで、「うちの子はまだ寝返りができない…」と心配してしまうのですが

結論から言うと


「寝返りが遅いからといって、心配はいりません!」


ということです。


遅い赤ちゃんでも、生後8~9ヶ月で、寝返りができるようになると専門家はいいますし

さらに、1歳以降に寝返りをする赤ちゃんもいるといいますよ。


そして、ぽっちゃりした赤ちゃんでは、体型的に寝返りがしにくくかったりします。


だから、神経質にならなくてもいいようですよ(^^


でも、「寝返りの時期で、発育や発達が心配…」という人は、次にお伝えします。


Sponsored Links



■寝返りの時期で、発育や発達が心配ですが大丈夫?

寝返りの時期は、心配する必要はないし、

神経質にならなくてもいいといっても、

実際に問題、寝返りの時期が遅くなったら、


「我が子のこれからの発育とか発達は大丈夫なのだろうか?」


と心配しちゃいます。


「寝返りの時期が遅いから、発育が遅くれるのでは…」


親は、子供のことが、心配で、心配で仕方ありませんよね。


専門家は

「寝返りが全くできなくても、この先の発育や発達に影響はない」

と言います。


安心しましたか?


発達のペースは、それぞれ赤ちゃんによって、違うのです。


大人でも、覚えがいい人と、悪い人がいますよね。


それと同じように、赤ちゃんにも個人差があって、

運動神経がよかったり、

性格的に落ち着いていたり、

好奇心が強かったり

いろいろな要因で発達・発育に影響するといいます。


ですから、まわり子と比べることはしないで、

発育が早いとか遅いとか、一喜一憂するのではなく、

自分の子供の発達・発育の様子を見守るということが大事といいますよ。



ですから、寝返りの時期が遅くても、まったく心配ないんで

赤ちゃんによって、個人差がありますので

我が子をあたたかく見守りましょう!


先輩パパから応援します(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ