忘年会シーズン!ダイエット中でも乗り越える4つのポイントとコツ

忘年会・新年会とお酒の機会が続き

ダイエット中の方は、羽目を外して食べすぎ・飲みすぎで

次の日に後悔!なんて人も少なくないのではないでしょうか?


かといって、ダイエット中だからと断るわけにもいかず

困ってしまいます。


そこで、ダイエット中の忘年会シーズンで

食べ過ぎたことを上手にリセットするポイントを紹介します。

Sponsored Links


■ダイエット中のお酒の飲み方




ズバリおすすめは「ワイン」です。





ワイン(赤・白)は、

お酒の中では、比較的低カロリーの飲み物です。


さらに、赤ワインには、ポリフェノールが含まれているので

抗酸化作用があり、美容効果があるので、

ダイエット中でも心おきなく飲むことができます。


一方、ビールはというと100ml当たり

約 42 kcal


他のお酒はというと

日本酒 約 105 kcal

焼酎  約 140 kcal


そして、

ワインは 約 70 kcal


なんだ!ワインはビールよりカロリーが高いじゃないか!!

と言われそうですが

ビールは、他の人からつぎ足しされやすく、

どんどんと飲む量も増えていくもの
なんです。


特に、会社の上司や取引先との忘年会では

なおさら、つぎ足しされやすいのではないでしょうか。


でも、なかなか最初から、ワイン というのは

場の空気もありますので、

最初の乾杯の一杯は、「とりあえずビール!」にして

あとは、ゆっくりワインを飲むようにするのが

賢い飲み方だと思います。




■ダイエット中のおつまみの選び方とコツ




ダイエット中なので、太らないようにするには

脂肪分が多いおつまみ

塩分の多いはおつまみは、避けるようにします。


なぜかというと

そうゆうおつまみは、カロリーが高いことが多いことと

そうゆうおつまみは、お酒を飲みすぎてしまう傾向があるからです。


お酒を飲みすぎてしまうということは

自制心がきかなくなる
ので

なおさらお酒を飲んで、おつまみを食べてと

ダイエットどころではなくなります。


脂肪分と塩分の多い

ダイエットどころではなくなるおつまみは、

「唐揚げなどの揚げ物」

なので、これはダイエット中のNGおつまみです。

注意しましょう。


そこで、オススメのおつまみは、「サラダ」



お野菜は、多く食べても大丈夫なので

お野菜をピンポイントで狙いましょう。


サラダでも、豆腐とか、海藻とかがのっていれば

栄養バランスがよくなり

豆腐は高タンパク質ですし、

海藻はミネラル豊富なので

バッチリです。


また、お鍋とかが出る場合がありますが

その際も、ぜひお野菜を狙っていきましょう。



そして、枝豆やキノコ類も食べれば

お腹を満たされるでしょう。


Sponsored Links



■ダイエット中の忘年会シーズンの日常生活のポイント




忘年会に、どんなに飲み物や食べ物を注意していても

忘年会が続くとカロリーオーバー気味になるものです。


そこで、忘年会帰りなどは

「1つ分の駅を歩く」

ことです。


そして、自宅の最寄りの駅の「1つ手前の駅で下りる」

ことです。


少しでも歩いて、カロリーを消費します。


そして、歩く際は、胸を張って姿勢をよくして

早歩きをすれば、効果バツグンです。



また、日常的に、エレベーターやエスカレーターは使わずに

ぜひ階段を使って登り降りします。




■ダイエット中の忘年会シーズンを乗り越える最大の試練




帰り道のコンビニ注意してください。


プリンや大福、シュークリームなど

甘いスイーツの誘惑にかられてしまいます。


忘年会でせっかく注意して、飲んで食べていたのに

ダイエット対策が台無しになってします。


わたしなんてそうですが、

「〆にラーメン食べて帰ろう!」

なんてもってのほかです。


ラーメン高カロリーな食べ物なので

夜食べてしまうと、体の脂肪化してしまいます。


くれぐれも帰りのコンビニや〆のラーメンは

ぜひ注意してください。




■さいごに




ダイエット中の忘年会シーズンを乗り越える

ポイントとコツはいかがでしたでしょうか?


この4つのポイントとコツだけでも守れれば

あとで後悔しないはずです。


年末年始は、飲み会続きで大変!という人は

ダイエット中でも忘年会シーズンを乗り越える4つのポイントとコツ

ぜひ実践してみてください。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ