アスペルガー症候群とは?スーザン・ボイルさんやあの有名人や著名人、スポーツ選手も!?

イギリスのオーディション番組から世界的スターになった

女性歌手スーザン・ボイルさんが、

アスペルガー症候群と告白しましたが

そもそもアスペルガー症候群とは何なのか?

よくわからないの調べてみました。

Sponsored Links


■アスペルガー症候群とは何?


アスペルガー症候群は、自閉症に似た疾患

広い意味で発達障害に分類される疾患のひとつです。


アスペルガー症候群という名前の由来は、

ハンス・アスペルガーというオーストリアの小児科の医師

最初に症例を報告したことから、その名前をとって

病名になりました。




■アスペルガー症候群の特徴とは?


アスペルガー症候群は、

国際疾病分類のICD-10では、

『相互的な社会関係とコミュニケーションのパターンにおける質的障害、

および限局した常同的で反復的な関心と活動の幅によって特徴づけられる一群の障害』


と定義されています。


アスペルガー症候群の特徴を分かりやすく言うと、


「周囲との交流障害」

「興味や日常生活・活動が限定的でパターン化・ルーチン化」



この2つということになります。


そして、自閉症と違い


「知的発達に遅れのある人がほとんどいない」

「言葉の発達の遅れがない」



というところも特徴といいます。




■アスペルガー症候群の発症原因は何?男女での違いは?


アスペルガー症候群の発症の原因ですが

わかっていません。



これだけ科学や医学が発達しているのに

アスペルガー症候群のはっきりした原因や、

発症するメカニズムはがわかっていないのです。


先ほど、アスペルガー症候群は、

自閉症に似た疾患ということでしたが

自閉症と同じように、

多くの遺伝的なもの、免疫学的なものなどが複雑に関わり合って、

お腹の中の胎内で、脳・中枢神経系の発育時に問題が生じ

生まれつきの脳の機能障害が起こるのではないかと考えられています。



子の育て方が原因ではないと言っています。


アスペルガー症候群の発症割合は、

約4000人に1人

と言われています。


男性と女性では、

男性の方がアスペルガー症候群の発症頻度が多い

とされています。


アスペルガー症候群が発症する年齢は、

生まれつきの「先天性の脳機能障害」によるものとされていて、

ある程度言葉を話すようになり、そこで気が付くといいます。


Sponsored Links



■アスペルガー症候群の治療法や対応方法は?


アスペルガー症候群の発症の原因がわかっていないので

現代の医学では、根本的なアスペルガー症候群の治療はできない

といいます。


そのため、アスペルガー症候群の対応方法としては

症状によっては、重かったり、軽かったりもあるので

場合によっては、抗うつ薬や抗不安薬などを使って、

症状を軽減させせたりする場合もあり、

個々の症状を正しく把握し、さまざまなケースに応じて

適切な処置をする専門家の心理療法などで

改善させることが、主な治療法・対応方法となるといいます。




■アスペルガー症候群の有名人・著名人では?


アスペルガー症候群は、特別な才能、秀でた能力を持っている場合が多く

有名人・著名人でも数多くいるようです。


スーザン・ボイルさんもそうですが


歴史上の人物や偉人、著名人や有名人、スポーツ選手など

さまざまな人がアスペルガー症候群ではないかと疑われています。


本人がアスペルガー症候群ということを明かさない限り

明確に分からないのが真実です。



アスペルガー症候群である本人は

単なる「変わり者」程度の認識しか持たれない場合が多いようで、

これが精神的に苦痛
になっているようです。


なにはともあれ、アスペルガー症候群とい病気にまずは

理解するということが大切ですね。


知らないとまったくどうしていいのかわかりませんし

変な偏見をもってしまいます。


まずは正しく「アスペルガー症候群」という病気を理解したいものです。


Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ