警告!札幌雪祭りを楽しむためのおすすめ服装・靴対策

札幌雪祭り おすすめ服装・靴対策
北海道 雪像 雪だるま

札幌雪祭り(さっぽろゆきまつり)は、

北海道で最も大規模なイベントで

観光客が年間200万人も訪れます。


北海道の札幌市内の大通公園を中心とした複数の会場で

毎年2月に開催される日本の雪文化を象徴する雪と氷の祭典です。


そんな札幌雪祭りですが、

いろいろな対策をしていかないと大変なことになります。


せっかく行ったのに、観光旅行が

つまらないものになってしまいます。


そのようなことがないように

札幌雪祭りを楽しく思い出に残る観光旅行にしたいものです。



札幌雪祭りを楽しむためのおすすめ服装・靴対策と
やってはいけないこととは?


Sponsored Links


とにかく「寒さ」


これは、想定以上です。


温かい服装、防寒対策は、絶対に必要です。


そこで、オススメの服装は、

脱ぎ着できるもの、重ね着できるものです。


例えば、こんな感じです。


・長袖シャツ

・セーター、カーディガン

・ダウンコート

・厚い靴下(2枚履きでもOK)

・手袋

・マフラー

・暖かい帽子

・イヤーマスク(耳あて)




北海道は、屋外はすごく寒いのですが

屋内、家の中は、すごく温かいのです。


ですから、

脱ぎ着できるもの、重ね着できるものがおすすめです。


下に着るものは、

フリース素材の物が軽くて暖かくておすすめです。


帽子やイヤーマスク(耳あて)は必須です。


北海道の寒さをナメちゃいけません。


帽子やイヤーマスク(耳あて)がないと

寒くて、頭が痛くなりますし

耳はちぎれそうに痛くなります


そして、足元も特に冷えます


スキー用の靴下もおすすめくらい冷えて寒いので

温かい毛糸の靴下など履いてください。



Sponsored Links



そして、靴は、滑らない靴絶対必要です。


毎日、観光客が滑ってころんで骨折しているそうなんです。


路面は想像以上に、凍結しています。


除雪されているような横断歩道などは

特に注意が必要です。


雪道に慣れている人でも

少しでも気を抜くと、転びそうな程
です。


そこで、着脱可能な滑り止めもあるのですが

外れやすい
です。


いつの間にか、

滑り止めが靴から外れていて

気がついたら、なかったなんてことがあるんです。

(よく道端に落ちているのを見かけたりします(^-^;))


そこで、おすすめなのが、現地で靴を購入することです。


これがベストです。


雪道 滑る 足跡

中にボアがついるスエード調のブーツがともすれば

2000円程度で買えちゃったりします。

(場合によっては、帰ってくるときに捨ててもいいかもです)


そこで、おすすめの靴屋さんですが


JR札幌駅の南口にあるJRタワー札幌エスタの8階に「ABCマート」があるので

いろいろな靴が手に入ります。


新千歳空港・千歳空港からJRを使えば、

屋外に出ることなく移動できます
のでおすすめです。


また、JR札幌駅のひとつ隣の桑園駅では、目の前に

イオン札幌桑園ショッピングセンターイオン札幌桑園店


がありますので、靴もその他いろいろな商品もあります。


肝心の靴底は、今は、金具がついていないものではなく

ゴム製で滑りにくいデザインになっているものが主流です。


足元は特に気を付けてくださいね。


そして、地元北海道の人も

転ばないように注意していることやってはいけないことですが

「振り返らない」ことです。


滑って転ぶのに、圧倒的に多い動作

「振り返る動作」なのです。


絶対に「振り返らない」でくださいね。



以上、気をつけて、対策をして

札幌雪祭りを楽しい思い出に残る観光旅行をしましょう!

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ