驚異のおから!超栄養パワーと意外な健康ダイエット効果

おからの栄養パワーと健康ダイエット効果
おから

■おからの言葉の意味とは?


おからとは、漢字で「御殻」と書き

お茶殻(おちゃがら)などの

「から」という絞りかすと同じ語源と

丁寧語の「御(お)」をつけたものである。

Sponsored Links


■おからとは?


おからは「卯(う)の花」とも呼ばれ

豆腐を作る時にできるもので、

豆乳(とうにゅう)を絞ったあとにできる絞りかすです。


■おからは超健康食品だった!


おからは栄養バランスが非常に優れていて

なおかつダイエットする人にとっても

優れた食材といわれています。


おからは、元々、大豆です。


その大豆は、

「畑の肉」と昔から言われいたように

良質なタンパク質を豊富に含まれます。


豆腐の搾りかすのおからでも

大豆の良質なタンパク質を含みます。


また、食物繊維が多く高タンパクで、

低脂肪・低カロリーな食品であるだけでなく、

ビタミンなどの栄養素の含有量も

多種多様に含まれているのも特徴です。


おから100g当たりのカロリーは、84kcal です。


Sponsored Links



■おからの健康効果に驚き!


おからには、細胞の新陳代謝に欠かせない「レシチン

女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持つ「イソフラボンサポニン

抗酸化作用を持つ「サポニン」など、さまざまな成分が含まれ

以下のような驚きの効果がたくさんあるのです。


  • 高血圧
  • 便秘解消、美肌(肌荒れ、シミ、シワの改善)効果
  • コレステロール、脂肪の抑制
  • 血行促進
  • 動脈硬化を予防
  • 肥満の予防
  • 脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を予防
  • 更年期障害の改善
  • 骨粗鬆症の予防
  • 老化防止
  • 物忘れなど脳の老化やボケの予防
  • 乳がん・前立腺がん・大腸がんの予防効果
  • エイズ発症を抑制



■おからを日常の食事に取り入れる方法


おからがいいのはわかったけど

どうやっておからを食べればいいのか悩みます。


一番簡単なのは、

ご飯やパン、パスタなどの麺に

おからを混ぜて食べます。


これらにおからを混ぜて食べることで

炭水化物を減らせることで低カロリーに。


さらに、食物繊維が多く含まれているので

食べると腸内で水分を含んで膨張して

膨満感を引き起こし、お腹いっぱい

また腹もちもいいのです。


56kg から 3ヶ月 で 44kg にまでダイエットに成功した

全国豆腐油揚商工組合連合会から

「関西おから大使」にも任命されている

家村マリエさんは有名ですが、

こちらのレシピ本は参考になると思います。↓



おからを混ぜるだけの手軽で簡単レシピの調理なので

毎日ダイエットを楽しく続けられると思いますよ。



うちも今日からおから料理だ!

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ