初詣は神社にいつまで行けばいい!時期でご利益を最大に!?衝撃の秘密

「初詣」とは、いつまでに神社に行けばいいのか?

いつまで行けば「初詣」になるのか?

初詣に行く時期について悩んだりしますよね。


初詣は、これから新しく始まる1年間が、良い年であるようにと幸せをお祈りするわけですから、初詣にせっかく参拝したのに、時期を間違えてしまって、ご利益がなかったりしたら、

最悪ですよね(^^;


でも、

「この時期は忙しくて行けない!」

「初詣に行くと混雑しているので、なるべく混雑時期をはずして、空いている時期に行きたい!」

いろいろと事情がありますよね。


そこで、ご利益を最大限受けれるように、また、初詣に神社にいつまで行けばいいのか!時期は!について気になりますが、衝撃の事実がわかりました!

また、さいごに、超意外な初詣のポイントがありますので合わせてお伝えしますね。


Sponsored Links



初詣!神社にいつまで行けばいい!時期はない!?



神社にいつまで行けば初詣になるのかという時期は、


ありません!


初詣は神社にいつまで行けばいいか時期はありません!



衝撃的なのですが、実は、初詣の時期については諸説あるのですが、明確な厳格な時期はないと神社関係者が言っておりますので間違いないと判断します。


だから、その年の初めて参拝した日が「初詣」となります!


その年の初めて参拝した日 = 初詣


ただし!

特に初詣はいつまでいけばいいかという時期に決まりはありませんが、目安はあるということです。



初詣の目安|この時期まで行けばいい!


初詣 神社

その目安は順にこのようになります。


初詣に神社に行く目安
  1. 元日から3日までの「三が日」
  2. 1月7日までの「松の内(まつのうち)」
  3. 1月15日の「小正月(こしょうがつ)」まで
  4. 節分まで(毎年2月3日ころ)

Sponsored Links


まず、1つの目安になるのが正月「三が日」に初詣をすることで、昔から広く一般的にそのように言われていましたが、1月7日までの「松の内」に初詣を済ませましょうという意見も実に多いです。


「松の内」とは、門松や松飾り、しめ縄などのお正月飾りを飾っておく期間のことで、それは年神様を迎えるためのもの目印になっていて、年神様がいらっしゃるときに初詣をするというわけです。


「松の内」は本来、小正月の1月15日まででしたが、江戸時代に将軍 徳川家光が4月20日に亡くなったことから、1月20日を忌日(きにち)として、その日を避けるようになったり、鏡開きの時期も日がづれ、早くなり、それに伴って、「松の内」の日も1月7日に早くなりました。


ただし、「松の内」の時期は、一般的に、関東では1月7日ですが、関東での風習が全国的に広まらなかったために、現在でも、大阪や京都などの関西地方やある地域では、「松の内」の時期は、1月15日です。


そして、最後の初詣の目安の「節分まで」とは、季節の変わり目である「立春」までで、季節の変わり目には、昔から邪気(鬼)が生じる時期と考えられ言い伝えられているので、その時期までに初詣をするということは納得できます。

節分は「鬼退治」「豆まき」の時期ですからね。


実際に、神社関係者も、「初詣は遅くとも節分まで」とも言っていますから。


さいごに


タイトルの「初詣は神社にいつまで行けばいい!時期でご利益を最大に!?」ということですが、神社関係者が言うには、「初詣」は、「1年のうちで初めて参拝した日」をいうそうです(^^;


「なんだよ~」って思いますが、いろいろと調べましたが、それが事実とします。


そうはいっても、神社に初詣をする時期の目安がないと、きりがありませんので、目安を示しました。

  1. 元日から3日までの「三が日」
  2. 1月7日までの「松の内(まつのうち)」
  3. 1月15日の「小正月(こしょうがつ)」まで
  4. 節分まで(毎年2月3日ころ)


ただ、実際に、どうせお祈りするのでしたら、最大限ご利益を得たいものです。

そこで、私見としては、年神様がいらっしゃる「松の内」の時期までではないでしょうか!


また、各神社によっては、初詣限定のお札やお守り、絵馬、置物などの縁起物を用意しているので、それぞれ行く神社をチェックして、その日までに行って、初詣限定の縁起物をゲットすることもおすすめです!


ただ、さまざまな諸説がありますが、まずは、初詣に日頃の感謝の心をお伝えして、心を込めてお祈りをするということが大切なのではないでしょうか。


そして、神社はパワースポットにもなっていますので、行くだけでもパワーを頂くことができます

1年の始まりをいい年を迎えることができるように、いい幸せな1年であるますように、ぜひ初詣に神社に行きましょう!


最後に、超意外な初詣のポイントがあるのですが、

それは、


初詣の帰りは寄り道をしないで家にまっすぐ帰る


ということです。


その説によると、初詣から帰る途中に寄り道をしてしまうと、お祈りをして、神様から頂いたご利益を落としてしまうからとのこと。


だから、初詣した後は真っ直ぐ家に帰り、ご利益をしっかり家に持ち帰るように!ということですよ(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ