瞑想の効果とやり方|簡単!?頭がよくなる!?集中力アップ!!成功者がやる秘密

瞑想をやると、とてもいいということを聞きますが、正直、「どんな効果があるの?」「やり方はどうするの?」なんて思ってしまいます。


でも、瞑想をやっている人の成功者や有名人などを調べますと、なんと!多くの人がやっていることかっ


あげるとキリがなのですが、あえてあげると、

  • 松下幸之助(現パナソニックの創始者)
  • 稲盛和夫(京セラ名誉会長)
  • 井深大(ソニー元会長)
  • イチロー(米メジャーリーグ選手)
  • 長嶋茂雄(元プロ野球選手、巨人終身名誉監督)
  • 長谷部誠(日本代表プロサッカー選手)
  • 本田圭佑(日本代表プロサッカー選手)
  • 須藤元気(格闘家)
  • ビル・ゲイツ(マイクロソフト社会長)
  • スティーブ・ジョブズ(元アップル社CEO)
  • ヒラリー・クリントン(元アメリカ国務長官)
  • マイケル・ジョーダン(元NBAプロバスケットボール選手)
  • クリント・イーストウッド(ハリウッド俳優)


  • 実に幅広い顔があげられます。

    会社の経営者、スポーツ選手をはじめとしたアスリート、政治家、俳優などなど、世界中の各方面で成功している、活躍している人が瞑想をやっているのです!


    瞑想をやっていることを公表してない人を含めると、ほんとに多くの成功者や有名人がやっているようです。


    そこまで瞑想をやっているのだから、さぞかしスゴイ効果、秘密があるのだろうなと推測できますね。


    これは、凡人の私も、瞑想を取り入れて、成功したい!と思うのですが、そもそも正しい瞑想の効果ややり方がわからなかったので調べてみましたので、驚きの瞑想の秘密についてお伝えします。


    Sponsored Links




    瞑想の効果とは?集中力アップ!?頭もよくなる!?その秘密とは


    実に、多くの成功者や有名人、アスリートなどがやっている瞑想。


    ほんとに多くの効果があることがわかりました。


    迷信のように「瞑想はいい!」というのではなくて、最近では、ハーバード・メディカル・スクールなど世界の大学や研究機関で科学的に瞑想のうれしい効果がわかってきました。


    その瞑想の効果をあげますと、

    瞑想の効果
  • 集中力の向上
  • 行動力の向上
  • ストレス解消
  • リラックス効果
  • 前向きになる
  • 不安が和らぐ
  • 精神の安定
  • 高血圧、心臓病、脳梗塞や脳卒中、癌などの病気の改善


  • 実に、多くの瞑想の効果があって、本当かっ!と思います。


    しかし、科学的に証明されているので効果があることは間違いないようです。


    集中力やストレス、行動、思考、健康など、身体や精神にも、瞑想の効果が及んでいます。


    多くの成功者や有名人、アスリートなど、実際に様々な人がやっているわけですから、瞑想によって得られる効果は確実だと考えます。

    でなけらば、だれも瞑想はやらないはずです。



    その瞑想のさまざまな効果の秘密はこうです。


    わたしたちは、仕事や日常生活などで、いろいろなストレスを抱えながら生きています。


    そのとき、瞑想をすると、自律神経が整って、身体に良い効果や結果があらわれるのです。


    その自律神経は2種類あり、交感神経と副交感神経があるのですが、その2種類の神経がわたしたちの身体を正常に整えてくれるように働くわけです。


    しかし、交感神経と副交感神経が乱れると、さまざまな不調がわたしたちの身体にあらわれてきます。


    瞑想で自律神経の交感神経と副交感神経の働きを整える


    それぞれの自律神経、交感神経と副交感神経の働きはというと、


    交感神経は、ストレスを感じた時に活性化する神経です。

    心拍数や血圧が上がり、血管を収縮させたり、興奮したり、呼吸が浅くなったりします。

    現代のストレスの多いわたしたちは、いわば戦闘態勢にはいているような感じで、交感神経が優位になっている人が実に多いのです。



    一方、副交感神経は、リラックスさせる効果があります。

    心拍数や血圧を下げ、呼吸をゆったりさせ、消化液の分泌を促進し、免疫力をアップする効果もあります。



    瞑想は、この自律神経の交感神経の働きを弱めて、副交感神経を活性化します。


    そのため、集中力の向上、行動力の向上、ストレス解消、リラックス効果、前向きになる、不安が和らぐ、精神の安定、高血圧、心臓病、脳震盪や脳卒中、癌に効果があるというわけです。


    ウソみたいですが、科学的に証明されているんですね。


    例えば、

    ストレスや不安を感じた時に、脳内に分泌されるコルチゾールというホルモン物質が、瞑想をやったら、大幅に減少した研究報告があり、うつ病や摂食障害などにも瞑想が効果があるとされています。


    そして、現代の忙しいストレスが多いわたしたちは、交感神経が優位に働いているために、血圧があがり、血管が詰まりやすくなります。

    それで、高血圧や心臓病、脳梗塞や脳卒中になりやすくなってしまいます。


    また、体の防御能力である免疫力が低下するために、風邪をひきやすかったり、病気になりやすかったりするわけです。


    そこで、瞑想をすると、活性化している交感神経を抑えて、副交感神経を活性化することで、身体がリラックスして、体内のホルモンバランスまでも整えて、これらの病気を改善させる効果があるというわけです。


    瞑想で集中力アップ!!成績アップ!?勉強ができるようになる!?


    成績アップ

    ちなみに、子供がいるわたしには、瞑想の効果でこれも非常に気になる効果があるのですが、それは、「瞑想で成績がアップ」という効果です。


    アメリカのある大学で調査研究した結果、瞑想をした学生の方が、瞑想の後に受けた試験の成績が明らかに良いことがわかったのです。

    瞑想によって、集中力が高まり、なおかつ、精神が安定し、リラックスして、試験に臨めたことが高得点になった要因だとされています。


    実際に、いろいろ調べてみると、アメリカのある州では、小学校から瞑想の教育を取り入れていますし、日本の小学校でも授業前に瞑想を取り入れているところがあります。

    うちの子も瞑想で、成績をアップさせたい!と密かに思っております。(どの子供をもつ親はそう思うと思います…)


    そこで、では、瞑想のやり方なのですが、なにも難しいことはありませんでした。


    簡単です!


    瞑想のやり方をお伝えします。

    Sponsored Links


    瞑想のやり方、簡単!?


    瞑想
    こんな画像のような瞑想を想像すると思います。だれでも。


    でも、こんな堅苦しいやり方をしなくても、瞑想はできます。

    瞑想のやり方は、実際には、いろいろとたくさんあるのですが、簡単にだれでもできて継続できる瞑想のやり方をご紹介します。

    瞑想の簡単なやり方
    1. 楽な姿勢で座ります
    2. 軽く目を閉じます
    3. 腹式呼吸をします(吸う・吐くをそれぞれ8~10秒)


    以上です。簡単でしょう。


    1.楽な姿勢で座りますは、楽な服装で、イスでも、ソファーでも、床でもいいです。

    よく座禅をしてやるとイメージしそうですが、別に座禅をしなくてもOKです。

    また、ある住職は、初めてで慣れていない人は、仰向けに寝て行ってもよいといいます。

    私もやってみましたが、眠ってしまいそうになりました(^^;

    でも、瞑想をやると、非常にリラックスするため、慣れない人は、寝てしまう人も多くいるとか…


    そして、3.腹式呼吸をしますは、ゆっくり呼吸することを意識します。

    その目安が、吸う・吐くをそれぞれ8~10秒かけて行うことです。できれば、口から吸って、鼻から吐くようにやった方がいいです。


    そして、ポイントは「呼吸に意識する」ことです!


    瞑想をやるとどうしても雑念が現れます。


    頭にいろいろなことが思い浮かんでしまうのです。


    瞑想では「無」の状態でなければなりません。


    そこで、「呼吸に意識する」と、不思議と頭に浮かんでくるいろいろなことがなくなり、「無」になることができます。


    だから、ゆっくり腹式呼吸することに意識を向けてください。

    「瞑想本ランキング1位の本」



    瞑想をやる場所


    瞑想をやる場所基本的にどこでもいいのですが、静かなところいいです。


    うるさい雑踏では、なかなかできないことと思います。


    しかし、どうしても静かなところができない、集中できないという人は、音楽を利用すると瞑想しやすいです!


    音楽を利用した瞑想は、手軽にいつどこでもできますよ。

    寝落ち注意!!(^^


    瞑想の音楽人気CDランキングはコレ!?



    瞑想の回数、時間


    「瞑想はどのくらいの時間すればいいの?」と思いますが、15分やると効果的だとされています。


    しかし、3分でもいいので、瞑想をやることで効果があるので、まずは気軽にやりましょう!


    そして、回数ですが、1日3回やるといいとか、1日2回朝晩やるといいとか、いろいろいわれていますが、「やれるときにやる」これが一番いいと思います。


    なかなか瞑想が習慣にならないとできないものですし、継続できません。


    まずは、思い立ったとき、好きな時に瞑想をやる!これでいいと思います。


    それが、そのうちに瞑想が習慣になり、瞑想の効果が実感できるようになると思います。


    瞑想の効果を信じて、毎日続けてみることから始めることが大切のような気もします。


    何事も継続は力なりですね。

    そして、瞑想のやり方に慣れてきたら、公園のベンチや電車の中でも、どこでも瞑想ができるようになるといいます。


    あのメンタリストDaiGoさん(慶応義塾大学理工学部卒業、慶応義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了)は、瞑想のやり方と効果について、こう言っています。

    「最初は3分くらいからはじめましょう。続けることが大事ですから、無理のない範囲でやることが肝心です。そこから、1回5分、15分などできる範囲で伸ばしていくといい。僕は、朝と夜の5分ずつ毎日続けていますが、3週間くらい経ってから自分が変わってきたのを感じました」

    引用元:MYLOHAS




    まとめ


    瞑想の効果は実にいろいろあることがわかりました。

    ■瞑想の効果■

  • 集中力の向上
  • 行動力の向上
  • ストレス解消
  • リラックス効果
  • 前向きになる
  • 不安が和らぐ
  • 精神の安定
  • 高血圧、心臓病、脳梗塞や脳卒中、癌などの病気の改善

  • まずは、瞑想の効果を信じて、毎日少しでもいいからやることのようです。


    実は、私の母は、乳ガンで闘病中なのですが、瞑想をすすめたいと思っていますし、私の妻にも瞑想を進めようと思っています。


    また、勉強の成績にも瞑想がよい効果があるので、子供にもすすめようと思いますが…(言うことを聞くかどうかわかりませんが…(^^;


    そして、瞑想は、「自己実現」「願望達成」にもいいとされています。


    それは、瞑想によって、心が整い、潜在意識に働きかけ、意思や欲求を守り、よい判断に導くというもの。


    宗教的であるような気もしますが、周りの雑音や情報に惑わされずに、的確な判断や行動ができるようになるというものです。


    「なんかウソっ!」と思ってしまいますが、多くの成功者や有名人、アスリートがやっているのだから、その効果もあるのではないかと判断します。


    その瞑想の方法は以下のように簡単です。

    ■瞑想の簡単な方法■

    1. 楽な姿勢で座ります
    2. 軽く目を閉じます
    3. 腹式呼吸をします(吸う・吐くをそれぞれ8~10秒)


    まずは、信じるものは救われる!瞑想をはじめてみましょうか!


    わたしも瞑想を始めましたが、不安などが取り除かれ、精神が安定してきたことを実感しました!(^^

    毎日続けて、さらに自分が変わっていくことを実感して、成功者の仲間入りをする!と信じます。

    Sponsored Links

    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






    コメントをどうぞ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ