扁平足の原因と治し方|子供と大人で違う!?土踏まずで膝痛や腰痛も!?

あなたの足、「扁平足」は大丈夫ですか?

長時間歩いたり、立ちっ放しだったりすると、足の裏がだるく疲れたり、痛みがありませんか。


「偏平足」は、土踏まずがなくなってしまう「足裏の障害」です。


扁平足の症状が進行すると、外反母趾(がいはんぼし)になったり、膝痛や腰痛、最悪、骨が変形したりして、ひどく痛むようになり、靴を履くだけでも激痛が走ることも。

また、「隠れ偏平足」の人もいるようですが。

そこで、そんな子供や大人でも心配な土踏まずがなくなってしまう「扁平足」とは?判別方法や原因、治し方についてお伝えしますので、「偏平足」からおさらばしましょう!


Sponsored Links



扁平足とは?はじめに判別方法・チェック法


まずは、あなたの足が本当に「扁平足かどうか?」を判別しなければいけません。


「扁平足」は、足の土踏まずのきれいなアーチ状のものができていなくて、土踏まずがなくなってベターと地面につくような症状です。


そこで、あなたの足が「扁平足かどうか?」を判別方法ですが、


「扁平足」の判別方法

足の土踏まずの部分にボールペンが入るかどうか?

です。


「あなたは、入りましたか?」



正常な土踏まずのアーチは、ボールペン1本分が入る高さです。


「扁平足」では、アーチが不足しているため、ボールペンを踏んでしまったりボールペンが足裏に強くあたって、痛みを感じる場合は「扁平足」といえます。

また、座った状態と立った状態でもチェックしてください


座った状態でよくても、立った状態でやるとボールペンを踏んでしまう場合もある「隠れ扁平足」の場合もあるからです。


「どうでしたか?」

「扁平足でしたか?」




次は、「扁平足はどうしてなるのか?」

扁平足を治す前に知っておかなければならない扁平足の原因についてです。


足の横図

扁平足の原因


実は、「扁平足」は、医学界において、様々な諸説があり、明確な原因を見極めるのが困難で、完全にこれだという原因が立証できない病気でもあります。


しかし、「扁平足」の原因を見極める際に分類する方法として、まず一般的に「先天性扁平足」「後天性扁平足」があります。


ところで、「赤ちゃんはみんな扁平足」だってことを知っていましたか?


生まれてすぐの赤ちゃんは完全な扁平足です。

扁平足 子供


歩きはじめて、足の筋肉や筋など各発育や成長にしたがって、足の裏の土踏まずが形成され、きれいなアーチ状になっていきます。


「先天性扁平足」は、乳幼児から学童期(8~10才)のころになるもの、

「後天性扁平足」は、成育して、学童期以降の足の裏の土踏まずのアーチが形成されてからなる大人がなるものです。

Sponsored Links


先天性扁平足の原因

乳幼児から学童期(8~10才)のころになる先天性扁平足の原因は、運動不足による筋肉の未発達によるところが大きいです。


最近、成長期の子供に多くみられていて、「運動不足などで足裏の筋肉の鍛えられない」「体重増加で足裏が伸びる」などの原因で扁平足になっています。

そして、そのような子供たちは、バランス感覚や運動能力が不足していたり、平らな所で転ぶなどの特徴があります。


後天性扁平足の原因

足の裏の土踏まずのアーチが形成されてからなる、大人がなる後天性扁平足の原因は、肥満妊娠による体重の増加筋力の低下などによります。

加齢にともなう筋力の低下で、体重の重力に負けて、足の裏の土踏まずが耐えられなくて、扁平足になる場合もあるんですよ。

足裏の筋力の疲労による扁平足最も大きな原因です。

後天性扁平足の主な原因
  • 長時間の立ち仕事をしている
  • 足に合わない靴を履いている
  • ヒールをよく履く
  • 体重増加で足の土踏まずのアーチが下がる
  • 運動不足などによる筋力の低下
  • 年齢による筋力の低下


  • では、「扁平足をどうすれば治すことができるのか?」


    痛みがひどい場合などは、医療機関にかかることをおすすめしますが、家でできる簡単な扁平足の治し方を次にお伝えします。

    扁平足 治し方


    扁平足の治し方


    さて、扁平足の治し方についてですが、先ほどお伝えしました「先天性扁平足」と「後天性扁平足」の別に治し方をお伝えします。

    「先天性扁平足」は、乳幼児から学童期(8~10才)のころになる扁平足、「後天性扁平足」は、学童期以降の足の裏の土踏まずのアーチが形成されてからなる、大人がなる後天性扁平足です。


    先天性扁平足の治し方


    通常は、子供の成長とともに筋肉などが発達して、足の裏の土踏まずのアーチが形成されます。

    しかし、その原因は、運動不足で、筋力が未発達だったり場合が多いです。


    ですから、この時期の扁平足の治し方は、子供を

  • よく遊ばせる
  • 裸足(はだし)によくする


  • です。


    最近の子供は、外で遊ぶ機会が少なくなり、筋力が低下していることが多くなりました。


    子供は、なるべく体を使って、多く遊ばせることや歩かせることで、筋力がついて、扁平足が治すことが可能です。

    少しでも早い年齢で取り組むことで、大きな効果があります。



    そして、裸足(はだし)にすることですが、近年、幼稚園や保育園で盛んに「裸足教育」が行われています。


    広場や砂場でよく裸足で遊ばせることにより、足の筋力、関節強化が期待でき、足の裏の土踏まずのアーチがしっかり形成され、扁平足になりにくくなる効果があります。


    これを実践したことにより、「子供が活発になった」「転びにくくなった」などの声があります。


    また、扁平足以外にも嬉しい効果があって、裸足になることで、足の裏からの刺激が多くなり、感覚神経が反応し、大脳の働きが活発になり、筋肉の発達以外にも、脳や神経、骨などの発達が早いと考えられているんですよ。


    ただし、足が痛い場合や疲れがある場合は、我慢させてやらせるのは逆効果です。

    靴を履いて、すぐに疲れたり、痛かったりする場合は、整形外科の専門医がすすめるインソールでの対策が有効です。




    後天性扁平足の治し方


    学童期以降の足の裏の土踏まずのアーチが形成されてからなる、大人がなる後天性扁平足の治し方ですが、扁平足を治すためには、足の裏や足の関節回り、すねを鍛えるしかありません。

    そして、足の疲れがあったり、痛みがあった場合は、とってからやることで効果があがります


    まずは、日頃の足の疲れや痛みを和らげるには、整形外科の専門医がすすめるインソールが有効です。



    また、日頃、「靴を履かない」「家の中によくいる」場合は、サポーターも有効と整形外科の専門医もすすめます。





    そして、家でできる簡単な治し方は、一般的によく行われてるリハビリがあります。

    とても簡単です。ぜひやってきてください。


    後ほどわかりやすい動画もあわせてお伝えしますが、その方法は以下のとおりです。


    後天性扁平足の治し方
    ■用意するもの■
  • タオル(50cm位の長さ)
  • ペットボトル(500ml、水を入れたもの)



  • ■方法■
    1. 足の裏がピッタリつく椅子に座ります。
    2. タオルを床にひき、その上の先のほうにペットボトルを置きます。
    3. ペットボトルを置いた反対側のタオルに足を置きます。
    4. 5本の足の指を使って、タオルをにぎり、引っ張り、たぐり寄せます。
    5. ペットボトルが足の指先まで来たら終了とします。
    6. これを10~20回繰り返します。


    ポイントは、足の指だけをしっかり使ってタオルを引っ張ることです。

    こうすることで、足周りの筋肉や腱を簡単に鍛えることができるのです。


    2週間ほどマジメにやれば、足の裏の土踏まずのアーチが形成されて、扁平足が治ったと実感できるといいます。


    また、最初は回数を意識してやることをおすすめしますが、次第にペットボトルの重しを500mlから、2リットルや3リットルにすると、扁平足の改善効果があがります。


    これ扁平足の治し方の方法は「タオルギャザー」といいますが、動画では、ペットボトルの重しをしていませんが、最初できない人はこれでいいもいいですよ!




    どうですか?大変でしたか?


    筋力が低下していると、なかなかできないか、すぐに疲れて大変かもしれません(^^;



    なんでも、裸足になって、海の砂地を駆け回るビーチバレーの選手は、タオルの重しが7~8kgでもできるとのこと。スゴイですね~。ハンパないですね!


    あなたもがんばりましょう!



    さいごに


    扁平足は、一般的に、足の筋力低下で起こるものです。

    足の疲れが原因のもと、もともとの筋力不足が原因のものです。


    まずは、足の疲れがあったり、痛みがある場合は、インソールやサポーターなどでしっかりとります。


    その後、扁平足を治す方法を行います。


    乳幼児から学童期(8~10才)の子供の場合の扁平足を治す方法は、

  • 体を使ってよく遊ばせる
  • 裸足になる



  • 学童期以降の足の裏の土踏まずのアーチが形成された子供から大人の扁平足を治す方法は、

  • タオルとペットボトルを使って、足の裏や足の関節回り、すねの筋肉や腱を鍛えます。


  • ということでした。



    扁平足をそのままにしておくと、膝や腰にも痛みがでてくる場合もあります。


    専門医に相談することも大切ですが、インソールやサポーターなどを有効に使って、「運動をする」「足に合わない靴を履かない」「タオルギャザーで鍛える」など実践して、日常生活を見直して、嫌な「扁平足」とはおさらばしましょう!

    Sponsored Links

    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






    コメントをどうぞ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ