洗濯物を部屋干しで乾かす!乾かないがなんと家にある物で3倍早くなる!?

梅雨や冬、花粉の時期はどうしても洗濯物を部屋干しせざるを得ません。

でも、洗濯物を部屋干しするとなかなか乾かない…(T_T)


そこで、どの家、どのご家庭にあるもので、お金をかけずに経済的に洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法についてお伝えします。


Sponsored Links



洗濯物を部屋干しで○○を使って早く乾かす方法とは!?



洗濯物を部屋干しで早く乾かすには、除湿器を使ったり、エアコンを使ったりすると乾きやすいといいます。


また、乾燥機があれば、すぐに洗濯物を乾かすこともできますが…


どれも買うのにお金がかかりますし、電気代もかかります


お財布にやさしくありません!


お金がかからないいい方法がないかと思ったりしますが、

あります!!



どの家、どのご家庭にあるあるもので、

洗濯物を部屋干しで早く乾かすことです。




それは何を使うかというと


扇風機 です!!


扇風機

「なんだ…扇風機かあ…」


なんて思っていませんか?



実は、扇風機の風を洗濯物にあてると、なんと3倍!! 早く乾かすことができます。


以下に驚きの実験結果があります。


ワイシャツが乾いた時間

  • 何もせず部屋干しした場合→8時間

  • 扇風機の風をあてて部屋干しした場合→3時間


  • バスタオルが乾いた時間
     
  • 何もせず部屋干しした場合→10時間

  • 扇風機の風をあてて部屋干しした場合→3時間


  • 株式会社エフシージー総合研究所調べによる詳しい結果;部屋干し条件25℃、湿度50%)




    どうですか!!こんなにも早く部屋干しの洗濯物を乾かすんです。扇風機の風をあてると。


    何もせずにそのまま部屋干しするのに比べて、乾かす速さが3倍以上です。


    部屋干しでは、より生地が厚いバスタオルのほうが、ワイシャツより多くの水分を含むために、乾くまでに時間がかかってしまいますが、扇風機の風をあてることによって、生地の厚いバスタオルも生地の薄いワイシャツと同じ時間、3時間で乾かすことができます。


    バスタオルのような厚手の生地の洗濯物の方が、扇風機の風をあてることによって、より効果的に乾かすことができるんですね。


    スゴイですよね(^^


    例えば、通常、何もせず部屋干しした場合、朝の9時に干して、夜の7時にやっと乾くという時間ですが


    しかし、洗濯物に扇風機の風をあてることで、朝の9時に干して、昼の12時にはもう乾いちゃいます!!


    洗濯物が乾かない冬や梅雨時、花粉症の時期などに部屋干しする際は、扇風機を使わない手はありません!


    Sponsored Links



    扇風機の風の強さは?


    扇風機の風によって、洗濯物の水分が空気中に取り込まれ、洗濯物を早く乾かすことができます。


    では、扇風機の強さは強ければ強いほどいいかというと


    そうではありません!!


    風の強さは一番弱い「弱」で十分です。


    要は、洗濯物に風の通りをよくすること、空気の動きをつくって、洗濯物周辺の空気の交換ができればいいだけなので、扇風機の風の強さは一番弱い「弱」で十分なのです。


    洗濯物

    扇風機の電気代は安い!?



    扇風機を使う際に気になる電気代ですが、


    1時間 0.7円 (弱運転、30W 参考サイト:電気設備の知識と技術


    先ほどのように

    扇風機の風をあてて部屋干しした場合、3時間で乾くわけでですが、その際の電気代はたった 2.1円 !!



    電気代も安い!!


    お財布にもやさしいですね。助かります。



    そして、家のある超意外な場所で干すと早く乾かすことができるのですが、それはこちら↓

    驚き!!超意外な場所で干すと洗濯物が早く乾かすことできるという3ヶ所とは!?



    まとめ


    梅雨や冬、花粉の時期に洗濯物を部屋干しする際は、洗濯物を早く乾かすには、どの家、どのご家庭にある扇風機を使うと早く乾かすことができます。


    そして、扇風機の風の強さは「弱」でよく、条件によりますが、3時間で洗濯物を乾かすことができます。


    そして、電気代も安いので経済的に助かります。


    部屋干しで洗濯物が乾かないとお悩みであれば、ぜひやってみてください。


    (ただし、部屋の温度、湿度の諸条件によって乾燥時間が異なりますのでご了承ください)

    Sponsored Links

    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






    コメントをどうぞ

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ