驚き!!就職祝いのお返しの本当のマナーと時期!!意外と間違えている!?

就職祝いをもらったけど、お返しはどうしたらいいか悩みます。

お返しをした方がいいのか、しなくてもいいのか?

でも、一般的に、結婚や出産などでお祝いをもらったら、

内祝いとして、半返しをすることが常識になっています。

就職祝いのお返しも半返し!?と思いきや、

実は、意外と間違えているマナーやお返しの時期がありますので

お伝えします。


Sponsored Links




就職祝いのお返しの本当のマナーと時期



晴れて就職試験に合格して、社会人として、

第一歩を歩もうとしていることと思いますが、

家族や親戚、友達などから就職祝いをもらったかと思います。


就職すると、意外と買うものがあって、出費がかさむものです。


就職祝いは、本当にありがたいですよね。



「でも、就職祝いをもらったら、お返しをしなければいけないのでは?」


悩むことが多いです。


社会人になったからには、マナーが大事ですよね。


実際に、世間一般では、

結婚や出産などでお祝いをもらったら、

内祝いとして、半返しをすることが

常識、マナーになっています。


「じゃあ、半返しでいいのか!!」

と思いますが、




実は就職祝いのお返し

必要ありません!!




それは、お返しという行為は、

儀礼的な要因が強いものです。


相手の気持ち、好意をありがたく受け取る

感謝の気持ちが大切です。


そして、あなたは、これから就職して働くということで、

まだ働いて給料を稼いでいないわけですから、

お返しをするお金もないということは、

相手も十分に承知のことです。


そこで、就職祝いのお返しをしてしまうと、

失礼になります。


だから、

就職祝いのお返し

必要ありません!!

ということです。


ただし、これは注意してください!!


絶対にやらなければいけないことがあります。



就職祝いのお返しは

必要ありません!!

といいましたが、

絶対にやらなければいけないことがあります。


それは、就職祝いをもらったら

電話や口頭、手紙などで、感謝の気持ち、

お礼の言葉をまず伝えるのがマナーです。


絶対にしなくてはいけません!!



感謝の気持ち、お礼の言葉を伝える時期は、

就職祝いをもらってから、

なるべく早く、できれば3日以内

が常識です。


なるべく早くしてください。


そして、もしも親族に手紙を送る場合はこちらを参考してください。

⇒ お礼状の例文



ただし、そうはいっても、

どうしても就職祝いのお返しをしなければいけない

ということもあるかとは思います。


それについては、次にお伝えします。


Sponsored Links



どうしても就職祝いのお返しをしなければいけない場合のマナーと時期



どうしても就職祝いのお返しをしなければいけない。

そのようなことはあるかとは思います。


建前や世間体など地域や親族などの風習などがありますので、

お返しについては、家族と十分に話をしてからやりましょう。


そして、就職祝いのお返しをすることになったら、

まずは、その場合の就職祝いのお返しの時期は、

就職して、初任給をもらってからです。


初任給をもらってから、就職祝いのお返しをします。


その場合、金額の相場は、

もらった就職祝いの1/3~半分くらい

または、

3000円~5000円

です。


もらった金額がいくらかによって、

お返しの金額は変わってきますが、

無理をしたお返しは、絶対にしないことが大切です。


高額の品である必要はありません。


無理をしたお返しをもらった相手が、逆に気を使います。


あなたの初任給のことを考えると、

無理をしたお返しは胸が痛くなるからです。


相手に失礼になります。


ただし、社会人になるからには、

できる範囲で感謝の気持ちを伝えたいものです。


そこで、おすすめは「菓子折り」

感謝の気持ちとお礼の言葉を書いたカードなどを添えて

贈ることです。


その場合、

「菓子折り」ののしの表書きは「内祝い」として、

下には、本人の名前を書いて贈ります。


近況報告などを書いて贈ると、もらった相手もたいへん喜びます。


また、「菓子折り」は、相手の好物などを考えて贈ると

なお大変喜ばれますよ。


洋菓子派の人気はコレ!↓


和菓子派の人気はコレ!↓



さいごに


就職祝いのお返しは必要ありませんが、

お祝いをいただいたからには、きちんとしたマナーが大切です。

就職祝いのお返しをもらったら、

すぐに感謝の気持ち、お礼の言葉を伝えましょう。


また、どうしても就職祝いのお返しをしなければいけない場合は

初任給をもらってから、無理をしない範囲でお返しをしましょう。


社会人としても、自分が頂いたお祝いを、

自分で返すという心構えは、

大切なマナーですからね(^^

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ