インフルエンザ予防接種は効果なし!?

インフルエンザ予防接種の効果
注射

インフルエンザの予防接種


毎年、時期になると

多くの医療機関、クリニック等で予約の受付をしています。


でも、わたしは、

インフルエンザの予防接種を受けていたのですが、

やめました。


その理由をお伝えします。


Sponsored Links



そのインフルエンザの予防接種をやめた理由は、

効果が期待できないこと

副作用の方がリスクがあること

以上の理由からです。


わたしは、

専門でウイルスについて学んでいたのですが、

昔から当然のことのようにいわれていたので、

何も不思議におもわないでいました。


でも、ある本を読んで、ハッと気づかされました


その本は、

医学博士であり、元・国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)

疫学部感染症室長であった母里啓子氏の著書


「インフルエンザワクチンはいらない (双葉書)」

です。





母里啓子氏は、いきなりこう言ってます。


「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」


「インフルエンザ・ワクチンは効きません!」


「関係者には常識です!」



衝撃的な言葉です。


そう言うのには、10個の理由があるというのです。



1.日本でインフルエンザ予防接種が始まった当初から

効かないということが、関係者にはわかっていました。



2.インフルエンザ予防接種の効果がないので

1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほど。


3.インフルエンザ予防接種が効かないことは

厚生労働省もわかっている。

「流行対策がない」との批判を避けたいだけ。


4.インフルエンザ・ワクチンは

血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができない。

ウイルスは、のどや鼻から入るから

感染はまったく防げない。

当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能。


5.インフルエンザ・ワクチンは

もともと流行を予測して作られているだけ。

そのうえ、インフルエンザ・ウイルスは

日々猛スピードで形を変えるので、効果は期待できない。


6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、

弱い抗体しか作れない。

殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、

体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできない。


7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症は

インフルエンザとは無関係。

「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。

そのようなデータは全くない。


8.「インフルエンザ予防接種をしておいた方がいい」どころか

副作用があるから怖い。

死亡者も出ている。

予防接種をしないほうが安全だし安心。

元々、インフルエンザワクチンは

病原菌なのだし、薬事法上は劇薬。

予防接種にはもっと慎重であるべき。


9.インフルエンザ予防接種が効かないことを知っている

医師も多いが、患者離れが怖いから言えない。


10.インフルエンザ・ワクチンは

儲かるからなくならない。

皆さんも、マスコミやお友達の言うことを

真に受けずに、真実を知ってください。




また、本書には、次のようなことも書かれています。


手洗い・うがいは、実は

インフルエンザには効果がない


インフルエンザウイルスは、

のどや鼻の粘膜についたとたんに

感染してしまう
から。


対処法は、日頃から健康に気をつけるだけ


自然にインフルエンザに感染したほうが、

ワクチンとは比べ物にならないほどの

強い抗体が作られる。


多くの人が知らず知らず

インフルエンザにかかっている。


丈夫な体でいれば症状も軽くすむ


インフルエンザは、2,3日寝ていれば

自然に治る「かぜの一種」にすぎない。


「恐ろしい病気ではない」


インフルエンザにかかっても

熱を下げてはいけない。


熱が出ているのは、体がウイルスと闘っている証。炎症反応です。


解熱剤タミフルは、脳症の原因と疑われています。


大人も打つのはやめましょう。



わたしからは受けない方がいいと

強制するものではありません。


わたしは、自分で考え、判断して、

インフルエンザの予防接種を受けることを

やめました。


ウイルスについて学んでいれば、

その特性から考えて、

ワクチンを打つことに矛盾が生じます。


昔からそうだったという考えや判断は

よくないことをあらためて痛感しました。


いわば洗脳のような感じなんでしょう。


Sponsored Links



じゃあ、予防対策はどうするんだ?

ということになりますが、実に単純なことです。


そのインフルエンザの予防対策は、

流行時期に人混みに出ないこと。

それしかありません。


でも、普通に社会生活をしている以上、

そんなことはできません。


だから、インフルエンザ・ウイルスに感染することは

どうしても避けられないということになります。


しかし、感染しても、免疫力が強ければ、

発症しないでやり過ごすことができます



それは、

規則正しい生活をする

おいしい物を食べる

適度に体を動かす

しっかり睡眠をとる

この4つです。


簡単なようですが、これができていないのが、

現代人



試験を控えている受験生の方は、

この4つを心がけることと

繁華街などの人混みを極力避けることで、

インフルエンザにかかる確率を

大幅に下げることができます。


でも、じゃあ、インフルエンザにかかってしまったら、

どうするんだ?



そんなときは、寝ていれば治るんです。


実際、欧米では、インフルエンザにかかっても、

病院にいかない
そうです。


熱が出たら、氷で冷やすことが有効で、

インフルエンザも風邪と同じ
という考え。


ということで、いろいろな批判や意見などは、

当然あるかとはおもいます。


でも、わたしはそう判断しました。


みなさんにその判断を強要するものではありません。


ただ、こうゆうことがあるので、

知ってほしいという意味でお伝えした次第です。


それにしても、

昔から当然のようにそうだったことは

何も考えずに受け入れてしまうので

ちょっと怖いなとおもいました。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ