ボードゲームが今大注目されている理由とそのおすすめ人気ランキング

ボードゲームって何?」と思ったのですが、

今注目されていて人気だそうです。



ボードゲームって何?

と最初は思ったのですが、

子供のころ、「人生ゲーム」をやったのですが

それがボードゲームというゲームの中の一つのカテゴリーに

になっています。


要するに、

文字通りボード(盤)上で

駒、サイコロやカードといった道具を使って

2人以上の人で楽しむゲームの総称
です。


ボードゲームは、

友達どうしはもちろん、

家族や子どもと一緒にと楽しめるものですが


あることで人気になり、注目されました。

Sponsored Links



このボードゲーム今注目されており

そのきっかけになったのが

東日本大震災とのこと。


ボードゲームは、

電気を使わずに遊べるので、節電になることと、

家族や身近な人との交流を深めたい

と思う人が増えたことなどが理由で、関心を持つ人が増えているといいます。


芸能界でも、浅井企画の芸人を中心に結成された

「新ボードゲーム党」をつくり、ボードゲームを愛し活動しているという。


その影響か、「よしもと芸人人生ゲーム」というボードゲームも発売されている。

(これがまた売り切れ続出している。)





とにかく私も子供をもつ親として

休日は、Wiiなどのテレビゲームをしているのだが、ボードゲームでは今なにが人気なのか調べてみた。


人気ランキングで楽天やアマゾンがあるのですが

小学生の子供をもつまこっちパパは、こんなランキングのみつけたので参考までに

テーブルゲーム おもちゃのプレゼントランキング(小学生)
5月15日~ 11月11日の 24,447,379件のアクセスデータから作成されているとのこと)




1位:人生ゲーム

40年以上の歴史を持つ国民的ロングセラー商品。

人生を擬似体験しながら億万長者を目指すボードゲーム。

楽しく頭を使って考えられるボードゲーム。


・対象年齢:6歳から

・プレイ人数:2人から6人

・プレイ時間:30~90分(4人で遊んだ場合の目安)




2位:モノポリー

世界三大ボードゲームの一つと言われるくらいの有名ゲーム。

億万長者を目指し、

不動産を取得して資産を増やしていくボードゲーム。

・対象年齢 : 8歳から

・プレイ人数:2人~8人

・プレイ時間:1時間半(90分)~3時間




3位:スコットランドヤード

ドイツゲーム・オブ・ザ・イヤー1983年大賞を受賞した

ボードゲームの名作。

怪盗MrXを追って、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)の

敏腕刑事達が追跡し逮捕しようとする

推理とかけひきが決め手の戦略ゲーム。

・対象年齢:10歳から

・プレイ人数:3~6人

・プレイ時間:約1時間





4位:チケットトゥライド

ドイツ年間ゲーム大賞受賞作(2004年)であり、

世界中で大人気のベストセラー・ボードゲーム。

ルールがシンプルでわかりやすい。

様々な種類の列車カードを集めて、使って、

北米大陸の都市間を線路でつないでいくこととなる

鉄道に乗ってアメリカ全土をまたにかけた大冒険

北米を旅している雰囲気を楽しめます。

・対象年齢:13歳から

・プレイ人数:2 – 5人

・プレイ時間:約60分





5位:野球盤メガスタジアム

エポック社から昭和33年に初代が発売され

50年近い伝統を持つ多くを売り上げた商品。

通常の「野球盤」の1/100スケールで過去史上最大版。

フィールド面積が『野球盤DX』の2倍になり、

フィールドには人工芝、スタンドは2階建てで、

球場の臨場感、リアル感を楽しめる。

・対象年齢 : 5歳から

・プレイ人数:2人

・プレイ時間:60分


(↑売り切れ続出していてビックリしました)



6位:スタンダードカタン

世界で2000万個以上という記録的な販売数を誇る、

ボードゲームの史に残る数多くのゲーム大賞も受賞した

超大ヒット商品

世界大会まで行われているこのゲーム

舞台は大航海時代で未開の無人島「カタン島」を舞台に

陣取り合戦を行い、建てた家(開拓地)から島全体に陣地を拡大し

資源を集めて土地を開拓しポイントを競う開拓ゲーム。


・対象年齢 : 8歳から

・プレイ人数:3~4人

・プレイ時間:60~90分





調べていて、ほしくなりました。

これはおすすめですね。


ものすごいボードゲームがあるんですね。


Sponsored Links



わたしも小さい頃、野球盤を買ってもらって

よっぱら弟や友達と遊びました。


久しぶりに野球盤を買って、

子供とやりたくなりました。


これなら、うちの奥さんもできそう!

(本物の野球はできないですから)


こうして商品をあげたら

ボードゲームは、

子供から大人まで

また男性、女性問わずに

年齢も超えて遊べるゲーム
ですね。



また、ボードゲームは

道具などを使って遊ぶので

手指を使うためその感覚や

目から入る情報のリアル感、臨場感が頭に残り

テレビーゲームとは違って

ボードゲームは思い出に残りやすいと思いました。


確かに、思い起こすと

子供のころに友達と遊んだことを

今でも鮮明に覚えていますね。



そういえば、オセロと将棋もあったけど、

これもボードゲームのカテゴリーにはいるのかな?



大人も楽しめるゲームとして

ボードゲーム注目が高まっていますが。


理由としては、

人間相手のコミュニケーション

豊富なバリエーション

コストパフォーマンス


この3つではないでしょうか。



テレビーゲームやスマホのゲームが全盛の中

こうして、ボードゲームが人気になってきた背景には

東日本大震災があったわけですが

アナログなボードゲームで遊ぶことで

何か忘れていた大切なものを取り戻したりできるかもしれませんね


Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ