アミノ酸シャンプーとは?驚きの効果と秘密!!シャンプーは使えない!?

アミノ酸シャンプーとは何?効果と秘密
a1370_000023
アミノ酸は、わたしたちの体を作る成分であり

アミノ酸シャンプーは筋肉を作るシャンプー!?

なぜ髪の毛にいいのか?成分の秘密についても見ていきましょう。

Sponsored Links



はじめに、アミノ酸はどうゆうものかというと

タンパク質の構成要素で、

タンパク質は20種類のアミノ酸からなります

植物は自分で合成できるのですが、

人間は合成できないので、食べ物として摂る必要があります。

(20種類のアミノ酸の名称は、一番最後に書きましたので

参照してください)


わたしたちは、主にタンパク質として、

食べ物で摂ります。


いろいろな食べ物にタンパク質は含まれていますが

主に、お肉ということになるでしょうか。


そのお肉が、胃の消化酵素によって

アミノ酸に分解されて、体内に吸収されます。


それは、タンパク質のままでは、

わたしたちは体内に吸収できないので

タンパク質を細かく小さく分解することで

吸収できるのです。


近年、アミノ酸は、注目されていて

健康、スポーツ、医療、美容などの

さまざまな方面に利用されています。


とりわけスポーツでは、

アミノ酸は、常識になっています。


運動することで、筋肉を使いますが

そのことで、タンパク質の必要量が増大します。


そこで、アミノ酸を摂ると、

30分くらいで素早く体に吸収するので

持久力の向上や疲労軽減、筋肉痛の軽減

などの効果があるのです。


アミノ酸が入っている飲料水やゼリーのようなものがあり

スポーツをする人は、プレー中に飲んだりします。


アスリートには欠かせないものになってます。


そのアミノ酸。


「シャンプーに入っているってどうゆうこと?」


ってことです。


アミノ酸は、食べることで体内に吸収されて

その効果を発揮するのに

シャンプーなんて髪の毛を洗うものに

何の効果があるのか?


疑問です。


そこで、シャンプーなのですが

ほとんどの成分「洗浄成分」「水」です。


商品の裏にシャンプーに入っている物質、成分が

たくさん表示されていますが

その成分は「洗浄成分」と「水」と比べると

ほんとうに微量で


シャンプー = 「洗浄成分」+「水」


といっても過言ではありません。


その洗浄成分のほとんどは、

石油系といわれている

ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na

です。


その洗浄成分は、よく汚れを落としてくれるのですが

その強力な洗浄成分のため、

シャンプーのほかに、

食器洗い洗剤車のカーシャンプーなど

様々な油汚れを落としたいものの洗剤に

入っていたりします。


油汚れをよく落としてくれるんですね。


とにかく、汚れをよく落としてくれるんです。


その洗浄成分「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」は。


ただ、これがホコタテで

強力に汚れを落としてくれる反面

わたしたちの肌には刺激があり、

いろいろと健康や美容に悪いものだったりするのです。


たとえば、美容師さんの手。


手荒れがひどくありませんか?


かさかさで、ヒビ割れていたり、

あかぎれを起こしたりしています。


食器を洗ったりすると

美容師さんほどではありませんが

そのようになったりしますよね。


ですから、

洗浄成分のラウリル硫酸系

わたしたちの肌によくないんです。


肌に悪いんです!


だから、

アトピーや敏感肌の人は

普通のシャンプーが使えなくて

石鹸で洗ったりしています。


従来のシャンプーは、

洗浄成分のラウリル硫酸系を使っていたので

そのような問題、健康と美容の観点で

問題がありました。


そこで、

「アミノ酸 シャンプー」

が登場しました。



アミノ酸シャンプーは、

洗浄成分にラウリル硫酸系に変わって

アミノ酸系を使っていることから

そう呼ばれています。


アミノ酸シャンプーは、

アミノ酸から作られる成分が含まれていて、

よく使用されているのが

グルタミン酸系の洗浄成分ですが、

何種類かあり、

ココイル系ベタイン系メチルアラニン系があります。


それぞれの成分によって、

使用感が若干異なりますが、

いずれもいえることは、

頭皮に優しく、刺激をあまり与えない

のです。


それで、

アトピーの人頭皮が弱い人

また薄毛で困っている人などにも

人気がでています。


Sponsored Links



ただ、一般的に、

肌に良いように

泡立ちが少なかったり、

しっとりした感じになるなど

洗浄成分の違いで

洗い上がりや使い心地がかわります。


ただ、アミノ酸シャンプーは

今までのシャンプーよりは

肌にやさしいので

今のシャンプーに悩んでいる人は

ぜひ使って試してみる価値はあると思います。


ただ、ここで注意です!


アミノ酸シャンプーは、

アミノ酸系の洗浄成分が入っているので

肌にやさしいのであって、

ただのアミノ酸が入れているものが

肌にやさしいとはいえません。



極端な話、

洗浄成分にラウリル硫酸系のシャンプーに

アミノ酸が加えられいても

肌にやさしいとはいえません。


そこで、商品の裏に書いてある成分を

よく見てもらいたいのですが

いっぱいいろいろな成分、化学成分です。


一般的に、その成分表示

上から順

多く入っているものから書いてあります。


重要なので、もう一度いいます。


「多く入っているものから、

上から順に書いてあります!」



だから、一番上の成分が多く入っているのです。


ここを良く注意して見てくださいね。


これで、アミノ酸シャンプーは何がいいのかわかりました。


ただ単に、アミノ酸がシャンプーに入っているわけでは

ないんですね。


「洗浄成分が、アミノ酸系」 ということなんですね。


ハッキリしました!!


管理人オススメのアミノ酸シャンプーは、
赤ちゃんでも使えるので、安心です!!

詳しくはこちら↓
ノンシリコンシャンプー



追伸、

まこっちパパは、最近、薄毛になってきました。

CMで、「嫁シャン」なんて言葉を聞いたりしますが

まこっちパパ専用のシャンプー

「婿シャン」 むこしゃん

を用意しようかな

と思っている次第です。




(参考:20種類のアミノ酸)

・BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)
・グルタミン
・アスパラギン酸
・グルタミン酸
・アルギニン
・アラニン
・プロリン
・システイン
・リジン
・スレオニン
・アスパラギン
・フェニルアラニン
・セリン
・メチオニン
・グリシン
・チロシン
・ヒスチジン
・トリプトファン

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ