退院の内祝いとは?時期は?意外と知らないマナーに注意!!

退院の内祝いとは?時期と品物と金額とマナー

d49684ca11a835fea4a860c514f621fb_s

滅多にないことですが、入院中にお見舞いを頂いた方に、どうすればいいか悩みます。

きちんとしたマナーを知っておくことで、恥ずかしい思いをしなくてもいいですので

退院の内祝いのマナーについてお伝えします。

Sponsored Links



退院の内祝いとは?


入院中にお見舞いを頂いた方には、お返しをしなければいけません。


そして、その際にする内祝いなのですが


場合によって、のしに書く言葉が違います。


どうゆうことかというと、


のしに書く言葉が


「退院内祝い」の場合は、全快ではなくても、無事に退院したことに対するお礼の場合


「快気内祝い」の場合は、病気や怪我が全快した場合


ということになります。




間違うと大変なことになるので、気を付けてください。




内祝いを渡す時期、目安は?


気になる内祝いを渡す時期、目安ですが、

退院してから14日以内が最適です。



遅くとも、退院後、1ヶ月以内に内祝いを渡しましょう。



ただし、お見舞いをしていただいた方へのお礼は

体調が戻って、元気になってから

姿を見せることが一番良いです。


なによりそれが、お見舞いをしていただいた方は嬉しいです。

Sponsored Links



退院後、長期の自宅療養などの場合は?


退院後、長期の自宅療養などが必要な場合は、

2通りのケースがあるのですが、どちらでもよいです。


・退院後にすぐに「退院内祝い」としてお返しをする。


・ハガキなどで、入院後の体調の経過報告し、お見舞いの感謝の気持ちを伝え、

全快してから「快気祝い」を贈る。




内祝いのお返しの金額の相場は?品物は?


では、「退院内祝い」「快気内祝い」のお返しの金額の相場や目安、


品物はどういったものがいいか、本当に悩みますね。




そこで、ズバリお伝えしますが、



「退院内祝い」「快気内祝い」のお返しの金額の相場や目安


頂いた品物の金額の1/2~1/3程度のものを選びます。



もしも、いろいろな人からお見舞いをいただき、

金額もまちまちの場合があるかとは思いますが

その場合は、それぞれに違う品物ではなく

一律に同じ品物を贈られても構いません。大丈夫です。



そして、


「退院内祝い」「快気内祝い」のお返しのおすすめの品物は


「砂糖」「石鹸」「洗剤」「お菓子類」「入浴剤」「タオル」


です。




その品物がおすすめなのは、理由があって、

病気やケガで入院したわけなので

「病気が後に残らないように…」という気持ちを込めて、

あとに残らない品物を選ぶのです。


そうゆう意味から、溶けてなくなり、後に残らない

砂糖・石鹸・洗剤・お菓子類・入浴剤がいいのです。



そして、また、、「病を水に流す」という意味合いから

石鹸・洗剤・入浴剤・タオルがいいのです。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ