ユマニチュード 劇的に変わる!奇跡の認知症ケアとは何?意味は?NHKも紹介!

ユマニチュード 認知症ケアとは?意味は?NHK紹介

介護

「ユマニチュード」今、注目されています。


フランス生まれの認知症ケアなのですが

NHKのテレビ番組の「くらし☆解説」では、

「フランス発”魔法”のような認知症ケア」

として取り上げられました。


その認知症ケアの「ユマニチュード」とは何か?意味は?

についてお伝えします。

Sponsored Links



「ユマニチュード」は、

先ほど出ましたように、

フランスが発祥の認知症ケア

介護現場で、四半世紀以上の経験がある

フランス人イヴ・ジネストさんと

伴侶のロゼット・マレスコッティさんの二人が

介護現場からの経験から作り上げたもの

フランスの各地のさまざまな病院

老人施設などで非常に高い評価を高めている

介護手法のことであります。


地元フランスでは、

「ジネスト=マレスコッティ・メソッド」

ともいわれていますが、

「ユマニチュード」という言葉は、

ユマニスト(人間中心主義)

人間性の尊重などという意味があり

フランス語の造語といいます。



日本でも、高齢化が大きな問題とされていますが、

実は、フランスでも、2030年には、

75歳以上の要介護者が、

今より50%以上も増えるとされていて

どこの先進国でも、介護の問題

非常に大きなの課題になっているのです。


現在の日本の医療機関などは、

高齢者の入院などについて

大変、頭を悩ませています。


認知症の高齢者の入院もそうなのですが

正常な高齢者でも、入院することで

認知症がでてくることも

あるのである。


どうゆうことかというと、

認知症の高齢者の人が入院すると

病院という環境の変化についていけず

混乱して、薬を拒否して飲まなかったり

点滴を勝手にはずしたりしてしまいます。


時には、暴れたり大声や奇声をあげたりしている

といい、非常に困り果ています。


そこで、病院側は、患者さんに、

きちんとした医療を

提供しなければいけない
ということで

点滴や薬の投与をきちんとするために

手をベットに固定したり

手にミトンをはめさせたりなど

体を拘束してしまいます。


実に、悩ましい問題です。


Sponsored Links



しょうがないと思ってしまいますが。


しかし、その行為をすることで

入院している高齢者の人は、

身体機能が低下して、寝たきりになったり

入院が長期間になったりして、

病院としては、新しい入院患者の受け入れが

困難になったり、医療費の増大などが

非常に大きな問題になっているのです。


そこで、

国立病院機構「東京医療センター」総合内科の

本田美和子医長が、直接、フランスで

ユマニチュードの技法を学んで、

日本に、この奇跡のような認知症ケアを広めようと

活動されたのがはじまりです。


ユマニチュードは、現在ある『良いケア』を

フランス的な哲学で裏打ちされた理論で

個々の技術を体系化したものです。


実際に医療現場などでユマニチュードを活用した結果

患者さんと良好なコミュニケーションが持てるようになり

治療などがやりやすくなり

患者さん本人もそうですが

現場の看護師さん負担

大きく減っているといいます。


フランスの病院では、

患者さんへの向精神薬の投与が減ったり

医療スタッフの負担が減ったことで

離職率が低下したりするなどの

ユマニチュードのよい効果

もたらされているという報告がされています。


「ユマニチュード」の認知症ケアの方法は、

最近、フランスから学んできた方法で

まだ普及されていないため、

ユマニチュードに関する本や書籍などを

いろいろ調べてみましたが

「看護管理」しか見あたりませんでした。


看護管理 2013年10月号の詳しくはこちら↓




これから、「ユマニチュード」に関する本や書籍が

たくさん出版されることを期待したいのですが

この「ユマニチュード」という介護手法が

まず、早く広く知られて、普及されて、

患者さんや介護者、介護関係者、看護師などの

人たちの負担が減って、医療機関や介護現場で

今まさに来ている、

高齢化、介護の問題の非常に大きなの課題が

少しでも解消されればいいなと

期待をしている次第です。


今後、注目です。

Sponsored Links

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます!






コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ